今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

〝朝の気分で、その日に着たい服を選びたい〟寺島しのぶさんの今を肯定してくれる服

Update : 2019.08.22
keyword:

それなりの年齢を重ねた今、またオシャレが楽しいという人が増えています。

自分の顔、体に合うものも、流行も理解した上で、経験値をもった大人が選ぶ服。

そんな素敵な選択肢の数々がここにあります。

前回(森口瑤子さん)の記事はこちら

 

今回は寺島しのぶさんの「わたしの今を肯定してくれる服」を、HERS9月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

 

 

■寺島しのぶさん(46歳)

 

~こだわりないのが私流。

朝の気分で、その日に来たい服を選びたい~

 

昔は安い服をとっかえひっかえ

昔のように、そんなにたくさん服を持っていても、結局は着られない。

今は自分に必要なものを吟味して選べるようになりました。

どこか個性的で、シンプルでもちょっとオシャレ感の見えるもの。他人からどう見られるかより、自分がいいと思えればいい。

0712_hersa014
TOPS/エンリカ BOTTOMS/アンスクリア SHOES/ネブローニ EARCUFF/シンパシー オブ ソウル スタイル NECKLACE/マリハ

 

フランス女性から学んだ「女性らしさと可愛さ」

訪れるたびに刺激を受けるのが「フランス人女性」の可愛らしさ。

いくつになっても女であることを忘れてなくて、白シャツにデニムだけでも女っぽさがあって、いいなーと思います。

主人と出かけるパーティなどでたまにスカートを穿くと、特別感があり、女を意識できます。

 

~中略~

 

 

こだわりがないのが自分らしさ

こんなデザインじゃなきゃとかこれじゃなきゃ、といったこだわりは今は一切ありません。

影響を受けやすく、いろいろ挑戦するけど、すぐに冷めてしまったり。

こだわりがないのが私だと思う。

ニュートラルな体なので、いろいろな服、いろいろなテイストを試すのが楽しいんです。

 

 

てらじましのぶ

1972年生まれ。京都市出身。フランス人の夫と小学生の息子の3人家族。多くの舞台や映画、ドラマに出演。その演技力には定評があり数々の賞を受賞し、人々を魅了。本年もNHK大河ドラマ「いだてん」など話題作に出演。

 

前回(森口瑤子さん)の記事はこちら

 

撮影/ササキヨシヒロ ヘア&メーク/鈴木節子(資生堂BC研究部) スタイリング協力/中井綾子<crep> 取材・文/見学裕己子 構成/永吉徳子

NEW ENTRY

  • ic

    2019.11.12

    星のや京都はその日を飽きさせないプログラムの宝庫

  • アイキャッチ_DSC8657_f

    2019.11.11

    料理家・真藤舞衣子さんに聞いた、〝調味料に頼る〟○○するだけ・・・

  • アイキャッチ_DSC8582_f

    2019.11.08

    料理家・真藤舞衣子さんが選ぶ、「5つの楽する調味料」

  • アイキャッチ19_9_13_he1644

    2019.11.01

    「買う」のその先の価値を考える、HERS的「伊勢丹の歩き方」

  • アイキャッチ_DSC 1140

    2019.10.29

    ディレクター祐宗摩稚子さんに聞いた、私的「伊勢丹新宿店のおさ・・・

  • アイキャッチ_DSC 1855_3

    2019.10.25

    ディレクター祐宗摩稚子さんに聞いた、効率的にまわれる「伊勢丹・・・