今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

〝また「オシャレ」ができる楽しさを噛み締めている〟小谷実可子さんの今を肯定してくれる服

Update : 2019.08.26
keyword:

それなりの年齢を重ねた今、またオシャレが楽しいという人が増えています。

自分の顔、体に合うものも、流行も理解した上で、経験値をもった大人が選ぶ服。

そんな素敵な選択肢の数々がここにあります。

前回(寺島しのぶさん)の記事はこちら

 

今回は小谷実可子さんの「わたしの今を肯定してくれる服」を、HERS9月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

 

 

■小谷実可子さん(52歳)

 

~もう一度体を鍛えたら、もう一度好きなものに出合いました~

 

0712_hers_2a061-resize
TOPS/コイビトミサキ PANTS/エンフォルド SHOES/ガイモ PIERCE/雅嶺

 

最近、体が変わってきたことで、また「オシャレ」するのが楽しくなってきました。

50歳になったときに、シンクロナイズドスイミングのショーに出るお話をいただきました。

それは、水着を着て演技をするということ!

やると決めてからは一念発起。動ける体づくりを始めました。

基礎から始まり、トレーニングと練習を重ね、最初の年は演技するのがやっとでしたが、2年目は現役に近いくらいまで動けるようになって。

心も体も一気に軽くなりました。

 

0712_hers_2b060

 

体が変わると、不思議と似合うものの幅も広がり、ファッションに敏感になりました。

自分のことはついつい後回しにしていましたが、またオシャレに目が向いてきて。

仕事柄、会議や人前に立つことが多いので、ネイビーや黒のセットアップなどきちんとしたものが多く、普段着る服もなんとなく地味な方向にいってたのですが、ショーウインドゥに飾ってあったピンクのトップスを見たとき「これだ!」とひとめぼれして即購入。

そして、現役時代の私のテーマカラーが「ピンク」だったことを思い出したんです。

当時の私の水着はほとんどがピンクで、人生の転機と感じている、野生のイルカと泳いだときもそうでした。

少し日に焼けた肌には、鮮やかなピンクが映えて、明るい色を着るととっても気分が上がるんです。

再びピンクが私のテーマカラーになり、「今」のオシャレを楽しんでいます。

 

 

こたにみかこ

元シンクロナイズドスイミング選手。ソウル五輪では夏の五輪で女性初の旗手を務め、ソロ・デュエットで銅メダル獲得。2020年東京オリンピック招致アンバサダーを務めるなど国際的に活動する一方、コーチを務めるクラブで普及育成を行っている。

 

前回(寺島しのぶさん)の記事はこちら

 

撮影/ササキヨシヒロ ヘア&メーク/住本由香 取材・文/見学裕己子 構成/永吉徳子

NEW ENTRY

  • スクリーンショット 2020-09-22 10.39.39

    2020.09.22

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑪BUND・・・

  • スクリーンショット 2020-09-15 13.01.53

    2020.09.15

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑩KASH・・・

  • MTC_2038 のコピー

    2020.09.15

    【HERS GREEN LABEL】オンラインでの仕事や飲み・・・

  • スクリーンショット 2020-09-09 14.02.07

    2020.09.12

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑨PULL・・・

  • 櫻井ばいちゃ研究所

    2020.09.08

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑧櫻井焙茶・・・

  • 20_8_5_her2494 のコピー 2

    2020.09.08

    【HERS GREEN LABEL】晩夏〜秋に向けて、 温度・・・