今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

森口瑤子さん、〝年齢を重ねたからこそ分かり合えた〟今を肯定してくれる服とは?

Update : 2019.08.20
keyword:

それなりの年齢を重ねた今、またオシャレが楽しいという人が増えています。

自分の顔、体に合うものも、流行も理解した上で、経験値をもった大人が選ぶ服。

そんな素敵な選択肢の数々がここにあります。

前回(近藤サトさん)の記事はこちら

 

今回は森口瑤子さんの「わたしの今を肯定してくれる服」を、HERS9月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

 

 

■森口瑤子さん(53歳)

 

~年齢を重ねた今の自分こそが、トラッドを着こなすアクセサリー~

 

a_R5O0037
JACKET/サードマガジン BOTTOMS/サードマガジン SHOES/クリスチャン ルブタン

 

遊びのない真面目な顔立ちのせいか、紺ブレが流行った時代も私が着ると〝制服〟みたいに見えてしまって、トラッドやコンサバな着こなしは若い頃から避けていました。

ロングヘアも、そう見えてしまう要因だったと思いますが、タイミングが難しく切ることができず。

45歳を過ぎた頃、この顔立ちとロングヘアが醸す、不相応なガーリー感が少しずつ気になり始めて。顔が削げてきて、シワも目立ち始め、デコルテも痩せ始めてきた……。

 

~中略~

 

今年に入って、髪型を変えられることになり、思い切ってボブにカット。

そのあとに友人と訪れた『サード マガジン』で勧められたネイビージャケットを羽織ったら、驚きました。

似合わないでしょって台詞を用意してたのに、〝着こなせている自分〟がいたんです。

動きのあるボブは欲しかったラフさを、削げた頬や痩せたデコルテは、トラッドな装いに抜け感を演出するアクセサリーになってくれることに気づきました。

歳を重ねるからこそ、オシャレの可能性が広がるってこともあるんですよね。

 

 

もりぐちようこ

1966年生まれ。1983年『男はつらいよ・口笛を吹く寅次郎』でデビュー。ビール好きで、宝塚の大ファン。8/29放映(テレビ朝日系列)「科捜研の女19 第15話」、この秋公開の映画『殺さない彼と死なない彼女』にも出演。

 

前回(近藤サトさん)の記事はこちら

 

撮影/福本和洋<MAETTICO> ヘア&メーク/平元敬一 取材・文/櫻井裕美 構成/山田麻琴

NEW ENTRY

  • ic

    2019.11.12

    星のや京都はその日を飽きさせないプログラムの宝庫

  • アイキャッチ_DSC8657_f

    2019.11.11

    料理家・真藤舞衣子さんに聞いた、〝調味料に頼る〟○○するだけ・・・

  • アイキャッチ_DSC8582_f

    2019.11.08

    料理家・真藤舞衣子さんが選ぶ、「5つの楽する調味料」

  • アイキャッチ19_9_13_he1644

    2019.11.01

    「買う」のその先の価値を考える、HERS的「伊勢丹の歩き方」

  • アイキャッチ_DSC 1140

    2019.10.29

    ディレクター祐宗摩稚子さんに聞いた、私的「伊勢丹新宿店のおさ・・・

  • アイキャッチ_DSC 1855_3

    2019.10.25

    ディレクター祐宗摩稚子さんに聞いた、効率的にまわれる「伊勢丹・・・