HERS à table

10人の器作家の「暮らしの白」 ④児玉修治さん

Update : 2021.08.28
keyword:

児玉修治さん
カンヴァスシリーズ スープリム皿

KD_210602_0057 のコピー

ころんとした見込みと広めのリムのバランスが秀逸なスープ皿。布目をイメージした細かな線は、グラフィックデザインのようにも見え、器に上質で洗練された雰囲気を与えている。¥5,500。約Φ23.5×高さ5.5cm

「カンヴァスシリーズ」の名の通り、ざっくりとした布の繊維をイメージして細かな線描きを器の表面に無数に施す児玉修治さん。「刷毛目」の技法をアレンジし、マットな白い釉薬を刷毛でランダムに重ねることで、複雑な白の表情を生み出す。
児玉さんは、料理好きが高じて器を試すうちに、マットな白には食材の輪郭を際立たせる効果があると感じたそう。光沢のない白は、汚れが付きやすいという面もあるが、それを凌駕するほど料理が美しく見えるものを作りたいと、おもてなしの食卓にも映えるほどの洗練されたこの白にいたった。
「パスタはもちろん、和食では豚の角煮も綺麗に見えます。リムにバゲットを添えたり、胡椒を散らしてみたり、盛り付けが楽しい器です」

ECサイト「HERS à table 」はこちらから

バックナンバー

亀田大介さん
吉田直嗣さん
黒川登紀子さん

撮影/邑口京一郎 取材・文/衣奈彩子 構成/松本朋子

NEW ENTRY

  • 2022.05.27

    【HERS à table】料理家・真藤舞衣子の「美味しい」・・・

  • 2022.05.09

    5/9正午より、伊藤 環さんプロデュース「1+0」とのコラボ・・・

  • 2022.04.28

    4/28正午より、「生けても、置いても、絵になる花器」展をス・・・

  • 2022.04.22

    五感で感じる”土と近い”ホテルの豊かな時間

  • 2022.04.14

    HERS à table、ゴールデンウィークの営業について

  • 2022.04.12

    人気作家集合!”絵になる”花器展。ECにて4/28〜発売