HERS à table

10人の器作家の「暮らしの白」 ②吉田直嗣さん

Update : 2021.08.17
keyword:

吉田直嗣さん
白磁 三角小鉢

KD_210602_0033 のコピー(1 ページ)

「土+灰+α」という最低限の材料で、シンプルに作る吉田さん。白磁小鉢は「磁器土+透明釉」。
釉薬の化学変化により白の中に淡い陰影ができる。口縁は極薄。¥4,400。約Φ16.5×高さ5.5cm

焼物には大きく分けてふたつある。陶土を用いた陶器と陶石を用いた磁器だ。薄く繊細な器が魅力の吉田直嗣さんが白い作品に用いるのは、滑らかで伸びがよく、極限まで薄く作ることができる磁器の土。
「磁器土は余計な手を加える必要がないと思えるほど、完璧な素材。そんな土を前に僕はただシンプルにろくろをひくだけです」という吉田さん。磁器に触りたいという思いが、自分を白に向かわせたと語る。
「ただ美しいと思えるものがそばにあることは、それだけで幸せなことだと思う」と器に取り組む彼にとって白とは、高台から口縁に向かう線や薄さを印象づける口造りなど、器が器であるための「ライン」の美を鮮明にするもの。奇をてらわない美しさに気付かせる色なのだ。

ECサイト「HERS à table 」はこちらから

バックナンバー

亀田大介さん

撮影/邑口京一郎 取材・文/衣奈彩子 構成/松本朋子

NEW ENTRY

  • 2022.05.27

    【HERS à table】料理家・真藤舞衣子の「美味しい」・・・

  • 2022.05.09

    5/9正午より、伊藤 環さんプロデュース「1+0」とのコラボ・・・

  • 2022.04.28

    4/28正午より、「生けても、置いても、絵になる花器」展をス・・・

  • 2022.04.22

    五感で感じる”土と近い”ホテルの豊かな時間

  • 2022.04.14

    HERS à table、ゴールデンウィークの営業について

  • 2022.04.12

    人気作家集合!”絵になる”花器展。ECにて4/28〜発売