連載&レコメンド

美味しい以外にも頼む理由がある_全国お取り寄せリスト④

Update : 2022.04.01
keyword:

作り手のもの作りの姿勢や背景に共感するもの、体と心をすこやかに保つために欠かせないものなど、ただ「美味しい」だけではなく、自分にとって今、食べる意味のあるものとは?食を大切にする方々に教えていただきました。

編集者・ライター 田中のり子さん

衣食住をテーマに、暮らしまわりの雑誌などの編集・執筆を多く手掛ける。著書に『からだとこころを整える』(エクスナレッジ)。

金井米穀店の中村グループ 特別栽培米コシヒカリ

¥2,689(5kg)

ひとつの品種の米を長く食べ続け農家も米屋さんも〝支える〟意識を

東京・吉祥寺の「金井米穀店」から、長野の中村グループが作る米を、7~8年ぐらい取り寄せています。食べ続けているのは、お米自体が美味しいから、という理由もありますが、チェーン店が多い吉祥寺でしっかりと根付く、知識が豊富な米屋さんを応援したいから。また、都会の消費者であっても、長く買わせていただくことで農業に携わる方々とつながることができ、それがうれしく思います。

 

 

料理研究家 市瀬悦子さん

「美味しくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、雑誌やテレビなどでレシピを提案。

キラ星農園のお野菜セット

¥3,700(7~8種類・送料込)

箱を開けるときのワクワク感のある季節の野菜の詰め合わせ

栃木・小山で栽培される無農薬の野菜は、美味しくて安心。自然や生物との共存のために、環境への取り組みも行っているそう。友人から紹介されて以来、季節ごとに取り寄せています。内容はお任せなので、どんな野菜が届くか、どう調理するか、毎回楽しみ。看板野菜のケールは蒸して、葉付きにんじんは春巻きにすると合いますよ。届いた野菜で作った料理は、インスタグラムで紹介しています。

 

 

 

フォトグラファー 安彦幸枝さん

泊 昭雄氏に師事。旅や料理などの分野で活躍。愛猫家でもあり、『庭猫スンスンと家猫くまの日日』(小学館)などの著書も好評。

Lienのカスタマイズ ブレンドハーブティー

¥1,800(25g)

日仏のオーガニックハーブを自分のためだけに贅沢にブレンド

北海道に住む親戚が送ってくれたのが、このハーブティーとの出会い。自分の名前を伝えると、その人に合わせて、何種ものオーガニックハーブをブレンドしてくれます。主宰の石田さんは、フランスで12年間ハーブの農業修業をし、精油の製造などを学んだ後、旭川へ戻って無農薬農園を造った方。フランス産と、自ら栽培、手摘み収穫したものを使い、香りがよく、効能もあり、安心して飲めます。

 

イラスト/吉岡香織〈asterisk-agency〉  取材・文/秋山香織 構成/高田真莉絵

※2021年4月発売号掲載当時の情報です。

 

 

NEW ENTRY

  • 2022.11.19

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 99本目 

  • 2022.11.18

    「界 霧島」「手業」と「いい湯」をめぐる旅 Vol.1

  • 2022.11.18

    【Flower cycle Art】フラワーサイクリスト・河・・・

  • 2022.11.14

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • 2022.11.13

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 98本目 

  • 2022.11.11

    【Flower cycle Art 】11月の花 コスモス ・・・