連載&レコメンド

【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」③

Update : 2020.12.05
keyword:

料理家という仕事柄、たくさんの器や調理道具をお持ちのワタナベマキさん。
そんなワタナベマキさんがこよなく愛しているのが「器としても使えるすり鉢」です。

頼りがいがあるどっしりとしたすり鉢

Img103441本

今回使うすり鉢は、益子で作陶活動を続ける原泰弘さんの作品。ぽってりとした見た目と素朴な質感で、どんな食卓にもなじみます。
「大きめのサイズなので、たっぷりと食べたい大皿料理に使います」

アンチョビとディルのポテトサラダ

Img103589本

アーモンドの食感とディルの香りがクセになります。じゃがいもは蒸して甘味を引き出して。

[材料](2人分)

じゃがいも…4個
ディル…4本

A
 アンチョビ…3切れ
    にんにく(粗みじん切り)…1片
    玉ねぎ(粗みじん切り)…1/8個

アーモンド…10粒
レモン汁 1/2個分

B
    赤ワインビネガー…大さじ1と1/2
    塩、粗挽き黒こしょう…少々
    オリーブオイル…大さじ2

[作り方]
1.じゃがいもは皮ごと洗い、蒸気のたった蒸し器に入れて25〜30分蒸す。
2.すり鉢にAを入れてすりこぎなどですりつぶしながら混ぜる。全体がなじんだらアーモンドを加えてさっと混ぜる。

Img103552本

3.のじゃがいもは熱いうちに皮をむいて2に加えて粗くつぶし、混ぜる。レモン汁、Bを加えて和える。

Img103568本

.ざく切りにしたディルを加えてさっと混ぜ、塩、こしょうをふる。

Img103582本

「たっぷりと食べたいポテトサラダは大きめのすり鉢で作って、そのまま食卓へ。アンチョビの旨味にディルの爽やかな香り、レモンの酸味がよく合います。白ワインとも相性抜群です」

前回の記事はこちらから(干し海老としょうがの和え麺)

[PROFILE]
ワタナベマキ:料理家。グラフィックデザイナーを経て「サルビア給食室」として料理家の活動をスタート・著書多数。新刊は『ほったらかしでおいしい!蒸しレシピ』(学研プラス)。
Instagramアカウントは@maki_watanabe

撮影/馬場わかな 文・構成/高田真莉絵

NEW ENTRY

  • 2022.10.07

    【Flower cycle Art】 10月の花 リューカ・・・

  • 2022.10.06

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 93本目 

  • 2022.10.04

    星のや東京「東京・月見舟あそび」開催 2022年9月1日〜1・・・

  • 2022.09.29

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • 2022.09.28

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 92本目 

  • 2022.09.25

    【LIFESTYLE】パリ近郊 花とともに暮らす (78)・・・