連載&レコメンド

【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす」①

Update : 2020.11.19
keyword:

はじめまして。
料理家のこてらみやと申します。

今月から、わが家の暮らしの中心にある「ベランダ」を巡ってのお話を、このHERS-Webで連載させていただくことになりました。
四季折々の植物の様子、ベランダでする季節の仕込みもの、ベランダごはんなどなど、いつもしみじみと「きれいだな」、「楽しいな」と感じていることを書かせていただこうと思っています。

さて、ご挨拶はこれぐらいにして…、
11月も半ばになり、朝晩と冷え込むようになりました。
我が家のベランダの景色もここ半月ほどでグッと秋色に染まってきました。

IMG_5982

ヘンリーヅタの葉は、きれいに紅葉して、ベランダに出るたびに目を楽しませてくれています。

IMG_5907

ひと枝切って一輪挿しに。部屋の中が一気に秋色になりました。

IMG_5910

ワインの原料になるぶどう「カベルネ・ソーヴィニヨン」は、晩夏の実もきれいですが、紅葉も素晴らしい!

IMG_5900

放っておくと葉がどんどん落ちてしまうので、きれいなうちに摘んで「押し葉」にしています。作り方なんてお教えするほどのことでもありませんが、一応、書いておきますね。まずは、葉っぱを新聞紙や水分を吸ってくれそうな雑誌などに挟んで1週間ほど置いておきます….

IMG_5913

はい!これだけで、ピンときれいな押し葉のできあがり。 また、2日ほど挟んでから、まだほんのりと湿り気があるかな?というぐらいで取り出しておくと、もう少し自然なうねりのある仕上がりになります。
押し葉ができたら、手紙やプレゼントの包みに添えたり、焼き菓子をお客様にお出しするときにお皿の周りに添えたり…。
ただの葉っぱも、少し手を加えるだけで暮らしに彩りを与えてくれます。

今日は、タルトタタンを焼いたので、お紅茶を入れてベランダでお三時を。

IMG_5918

紅葉した葉っぱとお皿の周りに添えた押し葉に光が差して、タルトタタンの味もいっそう美味しく感じられました(笑)。
こんなふうに、毎日の生活に彩りとワクワクを与えてくれるベランダを巡るお話を書いていきたいと思っております。

これからもお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

こてらみや

NEW ENTRY

  • 2022.12.28

    「O2」大津光太郎さんの蒸すから自由でおいしい家中華⑥

  • 2022.12.22

    「O2」大津光太郎さんの蒸すから自由でおいしい家中華⑤

  • 2022.12.16

    秋の「界 松本」「手業」と「いい湯」をめぐる旅 Vol.2

  • 2022.12.16

    【Flower cycle Art】12月の花 かすみ草 /・・・

  • 2022.12.09

    【Flower cycle Art】12月の花 かすみ草/ ・・・

  • 2022.11.29

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 100本目 【最終回】