今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

楽に体を整えなおす下着 大人が知っておきたい3つのポイント

Update : 2020.05.25
keyword:

eyecatch

家にいる時間が長くなると、気になってしまうのは、下着。

極力締め付けないブラを付けたくなる一方で、楽なものばかりつけていたら、バスト下がりが進んでしまうのではないか…という危機感。

 

HERS3月号では、「心地よく体を整える大人の下着」を担当しました。

その中で下着美容研究家の湯浅美和子さんにお話を伺いましたが、目からウロコだったのは、

「カップサイズよりも年齢に合ったブラを選ぶ」

「今の自分の体にきちんとあったものを身に着けていれば、正しい位置に体を整えてくれて、着け心地もラク。下着は本来心地よいもの」

ということ。

40代、50代は肌質や肉質が変化し、若い頃を同じサイズだとしても肉質の変化によってハミ肉が気になったり、胸の位置が下がったり、デコルテの下が削げてきたりと、さまざまな変化が気になる年ごろ。

湯浅さん曰く、年齢に合ったブラ選びには3つのポイントがあります。

 

11720013
肌を優しく押さえるブラ¥7,500(ラゼ/ワコール)

 

① カップはフルか2/3以上であること
デコルテが削げて下がり気味になったバストを優しく集めて上げるには、大きめのカップが適しています。

11720014

②背中のデザインがU字、V字であること
U字、V字であることで、背中の肉が中央に集まるので、肉もれの防止になります。若い世代向けのT字のストラップだと、肉が分散しやすくぼこぼこ背中の原因になってしまいます。

11720015

③サイドが幅広でソフトに伸びる素材
サイドが幅広だと背中を押さえつける圧がへり、胸の横、背中の肉もれを防ぎ、すっきりした印象になります。

二の腕の中央あたりにバストトップがくることが、老けて見えないベストなバスト位置だそう。そろそろ薄着になるシーズン。ぜひ参考にしてみてください!

 

編集N

 

撮影/坂根綾子 スタイリング/鈴木仁美 取材・文/金沢由紀子

※HERS3月号より

 

HERSはこちらからもお買い求めいただけます。

 

NEW ENTRY

  • IMG_5786

    2020.11.28

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • 191206-0087縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

    2020.11.27

    【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ⑤

  • 1262

    2020.11.25

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • IMG_2393

    2020.11.25

    【HERS à table】料理家・真藤舞衣子の「美味しい」・・・

  • 191206-0051縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

    2020.11.24

    【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ④

  • インスタ用

    2020.11.22

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす⑭ 冬の手・・・