HERS à table

10人の器作家の「暮らしの白」 ⑩波多野裕子さん

Update : 2021.09.14
keyword:

波多野裕子さん
豆皿ほか

KD_210602_0349 のコピー

豆皿¥7,480。約φ6.8×高さ1cm

 

KD_210602_0347 のコピー

豆皿¥7,920。約φ7.2×高さ1cm

KD_210602_0340 のコピー

グラス¥13,200。約φ7.6×高さ4.3cm

KD_210602_0343 のコピー

小ボウル¥12,100。約φ9.5×高さ2cm

KD_210602_0353 のコピー

茶匙¥12,100。約9×3.8×高さ1.5cm

KD_210602_0336 のコピー

グラス¥14,300。約φ5.6×高さ7.3cm

KD_210602_0345 のコピー

小皿¥10,450。約φ9.5×高さ1.3cm

KD_210602_0352 のコピー

茶匙¥12,100。約11×4.5×高さ1.2cm

薄く繊細なガラス器。グラスも豆皿も口当たりがやさしい。
色ガラスの粉を器型に詰めて焼く「パート・ド・ヴェール」という技法を用いる波多野裕子さん。白を表現するとき、彼女は必ずグレーやブルーなど別の色の粉を調合するという。真っ白ではなく、色を内包する白を選ぶのはなぜだろう。
「月の光や、霧、朝もやなど、光とともにある白に惹かれます。雲や雪の白も好きですね」
なるほど、白は光の反射によって認識される色。常に周りの色の影響を受け濃度を変えているのだ。ここに並んだ作品も、置く場所の光の強弱によって、雪のようにはかなく見えたり、お酒やつまみを受け入れるしっかりものの器に見えたり。
波多野さんのガラス暮らしに取り入れたなら、刻々と見え方を変える、白の奥行きを感じてみたい。

ECサイト「HERS à table 」はこちらから

バックナンバー

亀田大介さん
吉田直嗣さん
黒川登紀子さん
児玉修治さん
郡司製陶所
尾形アツシさん
亀田文さん
櫻井美奈子さん
大橋睦さん

撮影/邑口京一郎 取材・文/衣奈彩子 構成/松本朋子

NEW ENTRY

  • 2022.05.09

    5/9正午より、伊藤 環さんプロデュース「1+0」とのコラボ・・・

  • 2022.04.28

    4/28正午より、「生けても、置いても、絵になる花器」展をス・・・

  • 2022.04.22

    五感で感じる”土と近い”ホテルの豊かな時間

  • 2022.04.14

    HERS à table、ゴールデンウィークの営業について

  • 2022.04.12

    人気作家集合!”絵になる”花器展。ECにて4/28〜発売

  • 2022.04.12

    石井佳苗ワールドの住人たち