Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

【まいにち乾麺生活 ①】白髪という名の極細そうめん

Update : 2020.08.05
keyword:

 

勝手に始まった水曜日の麺食い連載。

まいにちと言っておきながら週に一度しかアップしないのは大人の事情です(笑)。ご了承ください。

兎にも角にも、家庭でも気軽に楽しめるということで、乾麺しばりでの実食紹介を。

第一回は、家庭で食べる冷たい麺の圧倒的王者、そうめんで異論はないでしょう。

D811311D-6ECC-4B95-A699-CC282F7DD9A4

こちらが今回取り上げる手延べそうめん「白髪」。奈良県の三輪山本さん生産(生産地は長崎県島原市なので、三輪そうめん、というわけではありません)の、一箱45g入りの超極細高級そうめんです。価格は、購入の仕方や場所にもよるので、いつもの揖保乃糸(300g)より一箱が少し高いかな、くらいの値段感とだけお伝えしておきます。

68D0BA9B-D60C-4D90-B5CD-AB2C425CC5D5

885738F9-071E-492E-9E62-4E9EA23D5BD6

一本ずつの比較、右がオーソドックスな揖保乃糸、左が白髪。三輪山本のホームページによれば、10gで約300本ということなので、一箱45gでおよそ1350本!

111D2DCF-AE05-451E-8974-3680D9952891

約30秒で茹で上がった のがコレ。きっと綺麗に揃えて盛りつければ恐ろしく美しいのだと思います…。

 

で、早速実食、ごくごくフツーにつゆをつけていただきます。

A5280657-BED1-47A3-AB83-599BEBB9C683

口に含んでまず感じるのはとにかく淡い、ということ。ちゃんと一本一本のコシが生きていますが、口の中で溶けるようになくなっていく感覚。楽しみ方としては、普段のそうめんとは別物と思った方が良いかもしれません。個人的には、酢を混ぜた出汁をかけて、極薄にスライスした胡瓜か何かと小鉢に、なんて感じで食べたいです。

使いどころが難しい、でも話のタネにはなるよね、というものなので、45g×2の2箱セットのものなどは、気兼ねのない友人などへのちょっとした手土産に良さそう。ちなみにパッケージデザインも、ユニクロなどのロゴも手がける佐藤可士和氏によるものとのことなので、ぬかりはありません。

ではまた水曜日に。

 

 

 

NEW ENTRY

  • IMG_8036 F

    2020.09.20

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす⑤特別な日

  • 194746_表1のみ

    2020.09.19

    【東京アートパトロール】FREESTYLE2020 大野智 ・・・

  • _L0A4981

    2020.09.19

    【HERS GREEN LABEL】おうち時間を充実させる〝・・・

  • 20_9_3_he0444 のコピー

    2020.09.19

    【HERS GREEN LABEL】端境期にマストな軽羽織3・・・

  • 20_9_3_he0456 のコピー

    2020.09.19

    【HERS GREEN LABEL】季節先取り! 秋冬素材オ・・・

  • 20_9_3_he0446 のコピー 2

    2020.09.18

    【HERS GREEN LABEL】デイリーアイテムも、ワン・・・