Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

私を甘やかすお茶時間 番外編⁉︎

Update : 2020.04.20
keyword:

ひたすら続く家時間、これを機に断捨離をと考え手始めに食器棚を……と考えた週末。我が家の食器はほぼ20年前から更新されておらず、また奥の器類はほとんど使わず。覗いてみるとこの数年ほぼ使用していない中国茶の茶壺(急須)を発見。5月号の「私を甘やかすお茶時間」で福田春美さんが仰っていた中国茶は自由、という言葉を思い出し、久し振りにひとりお茶でも、ということに。

934D16E9-58ED-43CE-B11D-178BFC3BC4EE

5D5BE7D9-E973-44F3-A0D2-B2AD13B3EEFD

 

お茶は頂きもののTEALABO.tの正山小種(ラプサンスーチョン)。この5月号で料理研究家の内田真美さんお勧めのお茶です。20年ほど前に一瞬だけ中国茶に凝って台湾や香港へ買い出し旅行へも出かけたことがあり、このラプサンスーチョンも好きなお茶の1つ(現地の方はあまり飲まないお茶かも)。

9DB17A4E-D8C0-4501-AF0D-9371E2C83D26

IMG_1859

DDF1E896-C8B5-48DF-A832-108696553F08

 

シングルモルトのスモーキーでヨード臭に似たかなりクセのあるお茶ですが、あまり甘い物を食べない私としては、アルコールに頼らず茶に酔う(かっこよく言い過ぎ)にはもってこいのお茶。
辛党の方には一度お試しを(笑)。

5ECC7EB4-E0D0-4365-A106-AD7898F353FA

2A751F13-CE85-4998-A4F3-CFEBAE77C888

B8D84EE5-6A24-4CEE-92ED-6B352C53A373

かなり典型的な台湾茶壺にこれまた普段使うことのないうすピンクのグラデーションの皿を受け皿に、外からもお湯をかけて中の茶葉を蒸してちょっと待てば出来上がり。

 

受け皿のお湯をたまに捨てたり、出過ぎないようにピッチャーにうつしたりと、何かしてないとくつろげないタイプの人間としては、時間をかけてお茶を楽しみたい時にはちょうど良い作業具合。なんとなく集中と放心の間くらいのいい感じに。

同じ5月号で平松洋子さんが「緩みきらないことも大事」と仰っていて、その言葉が妙に腑に落ちた小時間でした。皆様もいつもとちょっと違うお茶時間、覗いてみてください。

編集長 二村

NEW ENTRY

  • IMG_1008

    2020.08.07

    【東京アートパトロール】公園通りにピカチュウ出現!

  • S__20561929

    2020.08.06

    【お酒好き編集部の日本のワイン巡り①】 キュヴェ 玉名 20・・・

  • 99E89FB6-6E04-4D54-A2EE-301F864589A3

    2020.08.05

    【まいにち乾麺生活 ①】白髪という名の極細そうめん

  • FC5FC2E2-34F3-482A-819D-E5ADAD738B0Fcopy

    2020.06.08

    水無月のカヌレ【スイーツHERS】5

  • IMG_1066-2

    2020.06.08

    【travel】新刊のご案内:ツレヅレハナコさん初のガイド本・・・

  • 53A7CBBB-9F09-4B35-BC94-BD7ED79DB7CF

    2020.06.08

    「花のある暮らし」 50代男性編集部員の場合⑨