HERSの美活SPECIAL

昔は気にならなかったくせ毛のまとまりの悪さですが、一念発起してヘアケアをスイッチ【テーマ:「自分のために」始めたこと】

Update : 2018.11.21
keyword:

天然パーマで髪がくるくるしている私。若い頃はそれもチャームポイントでしたが、今は、くせ毛だけでなく水分不足にも悩まされるように。つやつやのロングヘアに憧れますが、結局は伸ばせなくて。肩につくか、つかないくらいの長さをキープしています。
8槇原1-kai
最近はますます、毛量の多さ、天然パーマで髪が広がりやすいこと、乾燥、白髪……髪の悩みが増えてきて。息子たちにも髪のことを指摘されるようになり、このままじゃいけないと、ヘアケアにきちんと向き合うことにしました。
8槇原6
まずは、シャンプーとコンディショナー、トリートメントを自分用のセグレタに変えました。さらに、お風呂のあとに濡れた髪にオイルをつけるようにしたり、ドライヤーはちょっといいものを使っていますが、長い時間かけたくないので髪が早く乾くブラシを使ったり。ネットや友人の口コミなどいろんな情報を収集して自分に合う物を選んで使っています。たとえば、お塩をミネラル豊富なものに変えてみたり。ほんのひと手間かけることが大事ですね。きちんとまとまってきたので、髪に触るのが楽しみになりました。
8槇原38槇原2
自分を労る時間を作るって、贅沢な時間ですよね。自分のことをちゃんと考えるってここ何年もなかったから、とっても心も潤っている気がします。

髪は女性の命ですから、これからもしっかりケアしていきたいと思っています。

(槙原有美子・47歳)

セグレタ×HERS『マエノリ、「自分のために」始めます!』 >

今回参加した会員

  • 1member

    会員番号23

    槇原有美子さん (47歳)

NEW ENTRY

  • S__44670978

    2019.02.16

    【最新号】 表紙撮影のウラ話(2019年3月号)

  • 23

    2019.02.15

    〝盛り小物〟こそデニムの日の醍醐味 vol.3

  • 15

    2019.02.14

    〝盛り小物〟こそデニムの日の醍醐味 vol.2

  • http://hers-web.jp/admin/wp-content/uploads/2015/11/no_present_thumb.jpg

    2019.02.13

    3月号 お詫びと訂正

  • samnail02-変換 ~ _EN_3445

    2019.02.13

    一流フレンチの血が流れるお得なビストロ/「ひと皿」の向こう側