連載&レコメンド

スタイリスト伊藤美佐季さんが、自分のために着けるジュエリー

Update : 2022.04.12
keyword:

ジュエリーとファッションの新しく美しい関係性を見出すスタイリスト。伊藤美佐季さん。
伊藤美佐季さんにとって、ジュエリーは「自分のために着けるもの」。30代では誰かに褒められたいという気持ちでジュエリーを選んだ時もあったそうですが、今はというと、選ぶ時も身につける時も、心は自分に向いています。

そんな伊藤美佐季さんがパートナーのような存在として愛おしむジュエリーを、HERS春号より、一部抜粋でご紹介します。


色石のブレスレットは、ボンマジックのデザイナーだった白井多恵子さんの形見分けでいただいたもの。白井さんこそ「自分のために楽しむジュエリー」を最も強く感じさせた女性でした。


肌にのせる時に「親和性」を感じるものを選ぶのも重要。毎日着けているブシュロンのバングルは、
お守りというより上質で心地の良いランジェリーをつけている感覚。

撮影/長山一樹(s-14)

 

詳しくは、HERS春号をご覧ください。

NEW ENTRY

  • 2022.07.18

    HERS×NORD CADRE コラボウェア「気楽に、気軽に・・・

  • 2022.07.12

    細川亜衣さん、いつもの食材を新たな視点で

  • 2022.07.12

    気分を遮らない、軽やかなインテリア

  • 2022.07.12

    HERS夏号特集【暮らしにもっと「軽さ」を】

  • 2022.07.12

    福田麻琴さんの「機能的=軽やか」なファッションアイテム

  • 2022.05.23

    HERS CLOSETに edit&co.のクロージングライ・・・