Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

「花のある暮らし」 50代男性編集部員の場合⑧

Update : 2020.06.01
keyword:

発売中のHERS5月号「特集・私だけの、ひとり時間。」
P.58からの〈花のある暮らしを、もっと簡単に。〉
ぜひご覧ください。

ここでは、一編集者としての実生活での「花のある暮らし」を展開中。

前回の記事はこちら。

前回は練馬区の公園での話でしたが、
今回は、川の話です。
東久留米に落合川という小川があります。
B89A6073-750D-4AEA-885D-5FDE33D1285F
この川は都内で唯一、環境省の「平成の名水百選」に認定されているほど水が美しい川です。
近くには湧水地点がたくさんあり、その1つはこんな感じです。
D615748F-1CF9-41EC-AF71-2D7A13419B0F
水がキレイなので、野生のクレソンも自生し、
6A153BA7-6A28-4E0E-BB3A-41FACB9DD5FD
サギやカモ、カワセミといった水鳥たちも集まってきます。
43AD8B26-0710-46D1-B936-7DA3ECAC595A
「小川」という表現が本当に相応しい川で、川幅は広いところで3mぐらい、水深も深いところで50〜60cmといったところでしょうか。
川の両脇には草木が茂り、遊歩道も整備され、ところどころに水辺の広場もあるので、週末にもなると、小さなお子さん連れの家族たちが、ジャブジャブと水遊びを楽しんでいます。

緊急事態宣言も解除されたので、小生も久しぶりに散策してきました。
天候が良かったせいもあって、予想外の人の多さでしたが、そんな私たちをもてなすかのように、川辺で咲き誇っていたのがこちら。マルバウツギです。花言葉は「古風」。
8AABDF99-C745-4B4A-B119-FC726E6DF4CB
近寄ってみると、白い花びらが魚の鱗揚げのように見えてきました。ちょっと美味しそう……。
7F591674-10D5-4223-A783-A2241BAF261B

一方、ウツギのようにわっと群れて咲かずに、一輪ずつマイペースに咲いていたのが、エゴノキ。チシャノキとかロクロギとも呼ばれる木です。
E0664B6A-DA88-411C-B84B-8200EAD6A745
花言葉は「壮大」。
ん? 決して壮大な花ではないやうな……。

続いて、キショウブ。花言葉は「信念」。
A2251AD9-43A3-44EA-B613-49A77416DA12
綺麗な花ですが、繁殖力がとても強く、最近では雑草化していて問題になっているという話も。

ブルーサルビア。花言葉は「尊敬」。
E9457B71-DF48-4586-B9CA-0A9B6EA5ABAF
サルビアとセージは同じ種類ですが、このサルビアは食用ではないみたいです。残念。

最後はルピナスです。別名「昇り藤」。確かに藤の花を逆さにしたような様子です。
EACEF9E9-9657-4395-986F-3095F03BD7BD
花言葉は「想像力」。
ルピナスはマメ科の植物なのですが、やはりその種は食べられるようです。大豆アレルギーがある人には代用食品になるとか。

そうそう、全く話が変わりますが、以前この川辺で光るサギを見かけました!
55956022-E3CD-4253-95A2-D47B25A641A9

花こそは自然のもてなし。

HERS5月号をはじめ、光文社の雑誌・書籍のご購入方法のご案内について。

写真・文/川原田朝雄

NEW ENTRY

  • IMG_20201012_172401 インスタ用

    2020.10.18

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす⑨自然の満・・・

  • 95a69cd8138c38e0ca10d75760ba64981-400x600

    2020.10.16

    【HERS GREEN LABEL】今すぐ着られて、1枚でサ・・・

  • 20_9_30_he0017 のコピー

    2020.10.16

    【HERS GREEN LABEL】気分を上げるミニバッグ

  • IMG_4089

    2020.10.16

    【HERS GREEN LABEL】羽織るだけで決まる、秋ア・・・

  • 200829_0387 のコピー

    2020.10.14

    【HERS à table】魚を使ったパーティの〆レシピ

  • unnamed (1)

    2020.10.14

    【まいにち乾麺生活】⑨布乃利 へぎそば