HERS à table

編集長が選ぶ今月の一枚の写真「シズル感たっぷりの目玉焼き」

Update : 2016.03.11
keyword:

ba_official_photo

え〜と、パンもヨーグルトもサラダも、ましてやフルーツなど、
どうだっていいんです。
目玉焼きです、よね。
私たち雑誌編集者は、色校正などでよく“シズル感”なる言葉を使います。
「sizzle」
もともと、肉などを焼いているときのジュージューっていう音のこと、
擬音語なんですって。
出しやすい食べ物と出しにくい食べ物があると思うんですが、
卵って両方言えると思うんです。
喫茶店のオムライスは難しそうだし、ゆで卵はテクニック次第だし……
この目玉焼きは出しやすい方なんでしょうね。
今月のテーマ「ベーカリー」っていう事を考えると、
本来なら反則なんでしょうが、この写真は明らかに卵が主役。
いいんですよ、これで。
よく上司に言われてきたことなんですが、
「写真家は小説家と同じ。つまり作家である」
ことを思うと、きっとこの人は、
私と同じ感性を持っている人なんだなぁって。
嬉しい限りです。

では、また。

NEW ENTRY

  • 2022.05.09

    5/9正午より、伊藤 環さんプロデュース「1+0」とのコラボ・・・

  • 2022.04.28

    4/28正午より、「生けても、置いても、絵になる花器」展をス・・・

  • 2022.04.22

    五感で感じる”土と近い”ホテルの豊かな時間

  • 2022.04.14

    HERS à table、ゴールデンウィークの営業について

  • 2022.04.12

    人気作家集合!”絵になる”花器展。ECにて4/28〜発売

  • 2022.04.12

    石井佳苗ワールドの住人たち