Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

生きるチカラ

Update : 2020.05.11
keyword:

自宅にいることが多いと、ちょっと緑を室内に置いてみたくなります。
といっても、我が家では家族が花好きなこともあり、
ことあるごとに緑や花が据えられることは多いのですが…。

50代男性の同僚ほどではないにしても、最近、少し植物が気になっています。
目的は全く違う2つの「緑」のことをちらっとご紹介します。

ひとつは豆苗。
IMG_4796
いわずとしれた、中華の食材ですね。エンドウの若菜だそうです。初めて知りました!
炒め物にしてもシャキシャキしていておいしいですよね。
餃子など中華系の夕食の際の付け合わせに最適です。

写真は、市販されているものを一度刈り取って、根の部分を水に浸しておいた2日目です。
ずいぶん伸びてきました。

そして、その2日後…

IMG_4802
こわい!ニョロニョロ!チンアナゴ!
以前にもチャレンジしたことがありましたが、この伸び方、本当に尋常じゃないですね。
明るい日陰に置いておくほうがいいそうですが、
我が家の場合は日が差し込んできた時は、日を当ててみました。そのせいでぐんぐん伸びたのかしらん。

あまり伸びるとおいしくないので、今日あたり収穫して調理予定です。
自粛・自炊の日々に、育てる楽しみが加わると、少し気持ちが豊かになりました。

 

さて、ふたつめはバラ…薔薇です。
日本語のバラという呼び名は、「いばら」がなまったものだそうです。

元々、強い花ですから、買ってからも長持ちさせることが多いですが、
今回は、その薔薇自体ではなく、花瓶の下のほうにご注目ください。
(品種名は不明です。聞き忘れました…)
IMG_4798

なんと、新芽がひょろっと顔を出してきたのです。
IMG_4797
よく見ると、根のような部分も出てきているので、花屋さんに相談したところ、
「その部分だけ挿し木したら、しっかり根も出てくるかも!」とのこと。

ということで、さっそく。
IMG_4803
雨風も避けてあげるようにしてあげたり、
赤ん坊を育てるように、手厚く、注意深く、様子を見守っています。

…植物を愛でることは慈しむことと少しわかった気がした編集Kでした。

ちなみに、桜やイチゴもバラ科ってご存知ですか?
たしかに、葉の形、よく似てますよね。
小学生で習うそうですが、まったく知りませんでした!

 

HERS最新号はこちらからお求めください。

 

NEW ENTRY

  • IMG_6321-2

    2020.05.26

    減量への道 〜その5〜【間食】

  • IMG_4815copy

    2020.05.25

    決まるスパイス

  • C8CBFEC5-9FD6-49D6-B2A3-6E251676A36B

    2020.05.25

    「花のある暮らし」 50代男性編集部員の場合⑦

  • 12009187351171

    2020.05.22

    なければないほど、細胞レベルで欲しています

  • E5395352-AB17-4F9A-A7E5-B350F55E85E4

    2020.05.22

    1人でbook challenge❷〜黒酢生活

  • d21468-380-524220-0

    2020.05.19

    非日常だからこそ、の本選び