モキチのブログ 「ひと皿」の向こう側

PROFILE

「モキチ」ことライター齊藤素子。銀座・泰明小学校卒業。OLやギャラリー勤務を経て、
1995年『VERY』創刊時にライター稼業を始める。食や旅のページを中心に雑誌やWEBで活躍中。
その一方で、世界初の腰痛専門WEBマガジン『腰痛ラボ』では編集長を務める。

【RESTAURANT】ひと皿の向こう側/中国菜 四川 雲蓉(ユンロン)

Update : 2020.08.25
keyword:

成都でもなかなかお目にかかれない
四川の伝統料理が味わえる小さな名店

 

_MG_7073

吉祥寺の小さな店に食通たちの熱い視線が注がれています。『中国菜 四川 雲蓉(ユンロン)』では、古き良き四川の伝統名菜を味わい、四川料理の奥深さを知ることができると。「雪花鶏淖(シュエ ホア ヂー ナオ)」も伝統名菜のひとつ。訳すと“地鶏のふわふわ炒め”となり“細かく叩いた鶏肉に清湯(チンタン)を合わせてふんわり仕上げた料理”ですが、極めてマニアックなひと皿なのです。清湯は金華ハムや干し貝柱、鴨、牛、豚、鶏など、ありとあらゆる旨味の素を用い、多くの工程を経て数日かけて完成する極上コンソメ。そんなスープを纏うにふさわしい、雑味のない清らかな鶏肉にするため、豚の皮の上に置いた鶏肉をひたすら叩いて筋を取り続けること3時間。口に運べばさまざまなうま味が次々と解き放たれて口の中に広がります。このひと皿にかけられた時間と労力たるや! 個人的にはそこに8年をプラスしたい。この料理に衝撃を受け、作る! と決心したシェフ・北村和人さんが成都の名店の門を叩き続けた年数。痺れます。

 【DATA】
中国菜 四川 雲蓉
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1『青雲堂』右側のドア
☎0422-27-5988
営:11:3014:30L.O.14:0018:0022:00L.O.21:00
休:火曜、水曜

「雪花鷄淖(地鶏のふわふわ炒め)」¥3,500(税別)3日前までに要予約。
20181223OPEN
*新型コロナウイルス感染拡大防止対策の影響により、営業時間や定休日は変更する場合があります。

撮影/牧田健太郎 取材・文/齊藤素子 構成/松本朋子

「ひと皿」のさらに奥深い向こう側につづく……

 

NEW ENTRY

  • Img103582本

    2020.12.05

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • B4666C65-DDD1-499F-B35B-44710F32FDCE

    2020.12.05

    【HERS à table】料理家・真藤舞衣子の「美味しい」・・・

  • 20201124-63

    2020.12.04

    【街歩き】甲斐みのりさんの「ほっとする東京」①

  • サムネイル

    2020.12.03

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • 002

    2020.12.03

    【レシピ】上田淳子さんの「いつもの料理を10分で」①ミートソ・・・