今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

夏こそ美味しい!京都の〝かき氷〟事情をおさえておく!vol.3

Update : 2018.06.28
keyword:

琵琶湖ほどの水量を蓄えているといわれる京都の地下水。敷地内の豊富な地下水を茶房のお冷として出したところ、お客様から「美味しいね」と褒められたことをきっかけに、氷作りをスタート。シロップも同じ地下水で手作りします。通年提供のかき氷は、綿雪のようにふわっととける食感が魅力です。

KD_IMG_3581

氷だけでなくシロップも地下水にこだわっています

<写真>抹茶、ほうじ茶、みぞれの3種類のシロップに、餡や団子、栗の甘露煮、ぶぶあられが添えられた豪華な「利休」¥1,080(税込)。一保堂茶舗、丸久小山園、柳桜園茶舗の茶葉から作る自家製シロップは、「この地下水があってこそ、茶葉の美味しさが抽出される」のだそう。

二条若狭屋 寺町店(二条寺町)

京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67
TEL 075-256-2280
営業時間 9:00~18:00 茶房は10:00~17:00
水曜休

 

KD_IMG_3710

<写真>敷地内から汲み上げる地下水は、「クセのないまろやかな味。名水で知られる梨木神社と同じ水脈をたどるのでは」と若女将。天然水での氷作りも試しましたが、「この地でこそ作れるものを」と地下水を採用。

 

KD_IMG_3641

<写真>3日間ほどかけゆっくりと凍らせて完成させる自家製氷。削る前に、常温で1時間程度ゆるませるという準備も欠かしません。

 

KD_IMG_3678

<写真>かたすぎず、ゆるみすぎずなど氷の様子を確認しながら、丁寧に細かく削るのがコツ。

 

KD_IMG_3530

<写真>5種類のシロップと白玉が添えられた「彩雲」¥1.512(税込)は、自分好みにカスタマイズしていただける看板商品。写真は左からイギリス産のブラムリー(青リンゴ)、ピンクグレープフルーツ、べっ甲飴、イチゴミルク、キウイ。時季ごとに、季節のフルーツを使った新たなシロップもお目見えします。

 

撮影/松井ヒロシ 取材・文/谷尻知子 構成/川原田朝雄

※掲載中の情報は、2018年7月号掲載時のものです。

★夏こそ美味しい!京都の〝かき氷〟事情をおさえておく!vol.1はこちら

★夏こそ美味しい!京都の〝かき氷〟事情をおさえておく!vol.2はこちら

NEW ENTRY

  • H_2869

    2018.09.22

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.5

  • H_3636

    2018.09.20

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.4

  • samnail-H_3500-400x534

    2018.09.19

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.3

  • H_3330

    2018.09.15

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.2

  • H_3156

    2018.09.13

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.1

  • samnail-DSC0073-400x600

    2018.09.03

    『可愛い』に甘んじないSサイズの服選び vol.5