今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

アガる、夏野菜 Vol.2

Update : 2018.05.31
keyword:

時間があると近所にふらりと飲みに行く、鎌倉在住の食と旅のライター赤澤かおりさんが、鎌倉野菜の美味しい店をレコメンド。そこには決まって、おしどり夫婦の存在がありました。

 

KD_DSF6726

TRES[トレス]
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9鎌工業会館ビル102
TEL 0467-66-1324
営業時間 12:00~14:00、17:00~24:00
休日 水曜

鎌倉の市場野菜を使ったデリでナチュラルワインを

<写真>鎌倉では珍しく深夜まで営業しているワインバー。「夕方からカウンターに張り付いて、夜中までひと通り食事と飲みまで楽しむこともあれば、もう少し何か、というときの2軒目使いにすることも」と赤澤さん。店主の田沼誠さんと美和子さんは、ともに接客の仕事がしたくてワインの世界に入り、2014年秋に店をオープン。「特に何料理とかはなく、自分たちが普段ワインを飲む緒ときに食べたいものをメニューに載せています」と美和子さん。黒板メニューには、レンバイに並ぶ季節の野菜を使ったものが多く、イタリアンやフレンチっぽいものがあるかと思えば、水餃子や春巻があったりと、肩の力が抜けていて和みます。

 

 

KD_DSF6707

<写真>「いちごとラディッシュとトマトのサラダ」¥550には、チャーミングな「さっぽろ藤野ワイナリー」のロゼ「KOHARU」¥900を。

 

KD_DSF6697

<写真>5月の季節の水餃子は「鶏フェンネル」¥550。

 

KD_DSF6720

<写真>ナチュラルワインはグラスで¥500~、ボトルは¥5,000~6,000台が中心。

 

KD_DSF6637
<写真>カウンター、テーブル各6席のこぢんまりした店内。

 

撮影/加瀬健太郎 取材・文/和田紀子 デザイン/VERSO 構成/松本朋子

※掲載中の情報は、2018年6月号掲載時のものです。

★アガる、夏野菜  Vol.1はこちら

 

NEW ENTRY

  • H_2869

    2018.09.22

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.5

  • H_3636

    2018.09.20

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.4

  • samnail-H_3500-400x534

    2018.09.19

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.3

  • H_3330

    2018.09.15

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.2

  • H_3156

    2018.09.13

    今のスタイルに欠かせない10アイテム vol.1

  • samnail-DSC0073-400x600

    2018.09.03

    『可愛い』に甘んじないSサイズの服選び vol.5