連載&レコメンド

【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす(62)立春。

Update : 2022.02.06
keyword:

台所の水道の蛇口をぎゅっとひねり水を出した。

白いコ-ヒ-カップについている茶色いしみを水で洗い落としながら、目の前にある窓の外に目を向ける。向かいの家の茶色い瓦の屋根の上に突き出ている煙突から白い煙がふあふあと出ている。空は青と薄ピンク色。冬の空に春の色が数滴落とされ、じんわりと染まったかのような感じだ。いつもなら寒くて窓など開ける気にもならないのだが、そんな空を見ると外の空気を取り入れたくなり、窓のノブを回した。ヒヤッとした風が流れ込む。まったりした春の陽気を待っていたわけではない。それでもその寒さの中に春の気配がほんのりする空気に押され、何かがするりと開いたような気がした。

窓辺に飾ったこぶしの枝。

庭で折れていた、このしなやかに伸びた枝を持ち帰ったのはもう10日以上前になる。固く閉じたシルバ-の花芽がなんとも美しい。その姿を随分長く楽しんでいたのだが、数日前、朝、カ-テンを開けると殻からピンク色の花びらがひょっこり見えているのに出会した。花が咲く前にまず姿を見せる細長い葉。殻が破けた端から覗く薄緑の色が初々しい。落ちた殻も野ウサギの足を思わせ何となく滑稽で愛嬌がある。

 

庭ではまだまだ蕾のそのこぶしの花。部屋の暖かさで次々と咲き出していくのを見て、自分が季節を少し早めてしまったような気がしちょっと複雑な気持ちになったが、やはり嬉しくてたまらない。生命が動くのを見ていると自分の中にもぱっと花が咲いたようになる。

 

 

2月の庭はどこかそわそわしている。水仙の葉と蕾、クリスマスロ-ズは花を見せ始め、うきうきさせてくれる季節をいち早くつれてきてくれたかと思うと、うんと冷たいしとしとした雨や雪が降ったりもして、気持ちも後戻り、しゅんとしてしまうことになる。 « もうじきよ。ここにすわってまってなさい。»と、おしゃまさんに言われた春の陽を待ち焦がれているム-ミントロ-ル。彼のように早く春に近ずきたくて途方に暮れているのは私だけである。庭の植物は気後れや焦ることもなく «  »を生き続けているというのに。

 

冬の空に突如現れる明るく暖かい日差し。眼を閉じるとゆらゆらひかりが揺れる。

クリスマスロ-ズの花びらが陽に透けて見える。

春は確かに始まろうとしている。

2月の庭に座り新しい春を待とう。

 

 

 

 

 

【バックナンバー】(過去の記事は以下から読めます)

第一回
第二回
第三回
第四回
第五回
第六回
第七回
第八回
第九回
第十回
第十一回
第十二回
第十三回
第十四回
第十五回
第十六回
第十七回
第十八回
第十九回
第二十回
第二十一回
第二十二回
第二十三回
第二十四回
第二十五回
第二十六回
第二十七回
第二十八回
第二十九回
第三十回
第三十一回
第三十二回
第三十三回
第三十四回
第三十五回
第三十六回
第三十七回
第三十八回
第三十九回
第四十回
第四十一回
第四十二回
第四十三回
第四十四回
第四十五回
第四十六回
第四十七回
第四十八回
第四十九回
第五十回
第五十一回
第五十二回
第五十三回
第五十四回
第五十五回
第五十六回
第五十七回
第五十八回
第五十九回
第六十回
第六十一回

【PROFILE】
西田啓子:ファーマーズフローリストInstagram@keikonishidafleuriste
フランス・パリ近郊花農園シェライユ在住。パリの花のアトリエに勤務後、自然を身近に感じる生活を求め移住。以来、ロ-カルの季節に咲く花を使いウエデイングの装飾や、農園内で花を切る事から始める花のレッスンを開催。花・自然・人との出会いを大切にする。
https://keikonishida-fleuriste.jimdo.com/

NEW ENTRY

  • 2022.05.18

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 72本目 

  • 2022.05.11

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • 2022.05.10

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 71本目 

  • 2022.05.08

    【LIFESTYLE】パリ近郊 花とともに暮らす 番外編:旅・・・

  • 2022.05.06

    私を甘やかす、お茶とお菓子③

  • 2022.05.03

    私を甘やかす、お茶とお菓子②