連載&レコメンド

【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす(57)冬のひかり。

Update : 2021.12.19
keyword:

朝8時。

 

ハンドルを握る車の窓からうっすらと赤い地平線が見える。

丸いスピドメの針は60。いつもの時刻に子供をバス停へ連れて行った帰り、誰もいない田舎道を覆う空の先を目指し走って行く。少し伸びた緑の麦の葉が一面に広がる大地。そこに一直線に動くものが見えた。足の頑丈そうな野ウサギが全速力で走っている。車はどんどんそこへ近づき、しばらくそのウサギと並行し競争するように走っていると、ふいにウサギは方向を変え後ろの方へ消え去ってしまった。せっかく帰り道のお伴が出来たのに、と少し残念に思ったが、大きな得体のしれないものが自分の横を走っているのだから、ウサギのそんな態度もわからないことはない。また一人ぼっちになった道。目の前の空がまぶしく輝き始めた。夜が車が進むとともにゆっくり明けて行く。

庭を歩くとシャ‐ベットをスプ-ンでつつくような音がした。きりっと凍った空気、今朝は庭が真っ白だ。塀の苔、植物、落ち葉がその白い霜のおかげで小さなきらめきを放っている。灰色の空が多いこの国の冬を過ごしていると、霜が降りた日は特別にご褒美をもらったような気分になる。冬の庭で出合うひかりは決して強くはない。けれどもそれはちょとした瞬間にまばたきをするように輝き、心の中にあるロウソクに火をともしてくれるような感じがするのだ。

 

ふとこの夏訪れた北欧の街を想った。Marraskuu(マッラスクー)。フインランド語で11月を表すこの言葉は「死の月」を意味するらしい。鮮やかに紅葉した葉が全部落ち、景色を明るくしてくれる雪がまだないこの月は、きっと、とても辛い時期なのだろう。雪がもたらすひかり。それは太陽のでている時間が極度に少なく、暗く長い冬を過ごす北欧の人達にとっては、どんなひかりよりも芯から心を明るくしてくれる素晴らしく美しいものに違いない。

 

一日の終わり。夜、散歩に出る。

街灯が一つもない村の夜に今日は小さく月が出ている。うっすらと見える庭の植物のシルエット。どこかでフクロウがほうほうと鳴いているのが聞こえる。犬と自分の本能を頼りに微かな自然の光に浮かび上がる微かな自然の音を拾い歩き家に戻った。

 

薪スト-ブの優しい暖かさは冬の柔らかいひかり。

冬のひかりと共に、モミの香りがするノエルがもうすぐやってくる。

 

【バックナンバー】(過去の記事は以下から読めます)

第一回
第二回
第三回
第四回
第五回
第六回
第七回
第八回
第九回
第十回
第十一回
第十二回
第十三回
第十四回
第十五回
第十六回
第十七回
第十八回
第十九回
第二十回
第二十一回
第二十二回
第二十三回
第二十四回
第二十五回
第二十六回
第二十七回
第二十八回
第二十九回
第三十回
第三十一回
第三十二回
第三十三回
第三十四回
第三十五回
第三十六回
第三十七回
第三十八回
第三十九回
第四十回
第四十一回
第四十二回
第四十三回
第四十四回
第四十五回
第四十六回
第四十七回
第四十八回
第四十九回
第五十回
第五十一回
第五十二回
第五十三回
第五十四回
第五十五回
第五十六回

 

【PROFILE】
西田啓子:ファーマーズフローリストInstagram@keikonishidafleuriste
フランス・パリ近郊花農園シェライユ在住。パリの花のアトリエに勤務後、自然を身近に感じる生活を求め移住。以来、ロ-カルの季節に咲く花を使いウエデイングの装飾や、農園内で花を切る事から始める花のレッスンを開催。花・自然・人との出会いを大切にする。
https://keikonishida-fleuriste.jimdo.com/

NEW ENTRY

  • 2022.01.20

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • 2022.01.17

    人間関係にストレスを抱える人こそ 読んでほしい一冊

  • 2022.01.16

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす(60)朝・・・

  • 2022.01.14

    HERS冬号 訂正とお詫び

  • 2022.01.12

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • 2022.01.09

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす(59)新・・・