連載&レコメンド

【レシピ】冷水希三子さん 「ハーブをもっと食卓に」①和える

Update : 2021.10.05
keyword:

高知・まるふく農園で開眼「ハーブをもっと食卓に」

もともとハーブ使いには定評のある料理家、冷水希三子さん。
高知のハーブ専門農家「まるふく農園」のハーブに出会い、ハーブの力を再認識。日々の食卓にハーブを取り入れる方法を教わりました。

ハーブは野菜であり、優れた調味料。姿カタチが愛らしく、華やかさがあるせいか、つい料理の飾りとして使われがちですが、香りや味、食感はそれぞれとても個性的。淡かったり、濃かったりの違いはありますが、全体的には爽やかな印象なので、料理が一気に軽やかになるんです。特に高知の「まるふく農園」のハーブの力強さには圧倒されました。カレーリーフやホーリーバジルなど、日本では珍しいハーブもたくさんあるので、チャレンジしながら遊べる楽しさに今、ハマっています。ハーブを使えば、調味料にはない風味を足すことができ、いつもの食材がいろんな国の料理に変身できる。新しい発見があるんです。

ハーブ使いにはルールはなく、それぞれの味や香りを確かめていけば、料理に合うイメージがおのずとわいてくるはず。

 

VOL.1 《和える》魚介とオレンジのフェンネルサラダ

H200911-016

アニスのような香りのフェンネル(ういきょう)は、魚介と相性抜群。みじん切りにした葉をイカやタコと和え、軽やかなサラダに。オレンジを加えると、よりいっそう爽やかに。フェンネルがない場合は、同じセリ科のハーブ、ディルでも。

【材料】 2人分

  • イカ…1杯
  • タコの足…1本
  • オレンジ…1個
  • フェンネルの葉…ひとつかみ
  • 赤玉ねぎ…1/8個
  • 白ワインビネガー…小さじ2
  • かぼす果汁…1個分
  • EXVオリーブオイル…大さじ2
  • …適量

【作り方】

  1. イカは軟骨とワタと皮を取り除き、胴は輪切り、足は食べやすい大きさに切り、さっと茹でて水けをきる。タコの足は薄くスライスする。オレンジは包丁で皮をむいて半月に切り、フェンネルの葉はみじん切り、赤玉ねぎは薄くスライスし、水にさらしてから水けを切る。

2.ボウルに1をすべて入れ、その他の材料を加えて和え、味をみて塩でととのえる。

 

 

 

まるふく農園
バジルやイタリアンパセリ、ローズマリーなどの定番ハーブから、カレーリーフやホーリーバジルといった稀少なものまで、約100種類ほどのフレッシュハーブを農薬も肥料も一切使用せず栽培。食用のほか、観賞用ハーブ、ハーブの苗、ハーブブーケの販売も。

住所 高知県高知市福井町512-1
☎  088-875-3826
時間 11:00~17:00
休日 日曜
http://www.maruhuku.noen.biz/

【PROFILE】
ひやみずきみこ
料理家。料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を中心に、書籍、雑誌、広告などで活躍。ホテルの朝食メニューの提案も行う。
冷水さんのインスタグラムはこちら

 

撮影/加藤新作  取材・分/和田紀子 構成/松本朋子

 

NEW ENTRY

  • 385

    2021.10.18

    【レシピ】いつもの料理を10分で ⑮秋刀魚の梅煮

  • インスタ2

    2021.10.17

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす(51) ・・・

  • _ENT0766

    2021.10.14

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • IMG_5153

    2021.10.13

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • helenarubinstein_eye

    2021.10.12

    松本千登世さんが語る ヘレナ ルビンスタインの魅力 「日々の・・・

  • H200911-017

    2021.10.07

    【レシピ】冷水希三子さん 「ハーブをもっと食卓に」③漬ける