連載&レコメンド

【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす ㊽秋日和

Update : 2021.09.19
keyword:

 

7時。

A

 

2階の窓を開けると、裏庭の大きな梨の木が柔らかい朝陽に気持ちよさそうに照らされているのが見えた。深い緑の葉がいつの間にか黄銅色に変わっている。辺りがみな、ほんわり明るいセピア色に染まっているような感じがした。空には少し雲があるのか、太陽の光が見え隠れする。その度に葉の色が深みを増したり軽やかになったりした。その様子が心地良く、しばらくその色とひかりの波を眺めた。スロスタ9月の朝。今日は空気がほんのり冷たい。

B

いつもの田舎道を散歩する。麦が生えていたその場所はすっかり何もなくなってしまっていた。そこにトラクタが入り耕され、茶色の大地が地平線まで伸びている。さっきまでしきりに草を嗅いでいた犬が隣で片足を上げじっと遠くを睨んでいる。その先を目を凝らして一緒に見てみるが何も動くものはない。ウサギたちはまだ寝ているのだろうか。太陽はどんどん空を駆け上がり、大地の上には小さなゴマのような緑の模様がちらほらと浮き上がって見えた。新しく蒔かれた麦がもう芽を出している。また生命が始まった。まぶしい秋晴れの朝、その緑がより一層みずみずしく感じる。

 

C1 C2 C3 C4

秋の天気は変わりやすい。昨日の雨で潤った庭の植物もそれにつられるように葉の色を変えだした。地面には黄色くなった落ち葉が増え、包み込むような暖かさの赤と緑の葉があちらこちらに姿を現し、紫色に変わった思いもよらないミントの葉を見つけたり。いくつもの夜を超えながら、緑の世界に様々な色が加わっていくのを見るのは心が躍る。そしていつかその先に、あの何とも言えない深く暖かい風景が現れ、胸の奥まで届く。

D

道端に黄色い野草の花を見かける。夏の旅で何度も見た、元気いっぱいに群生していたその花が何故か違う花のように見えるのはどうしてだろう。秋の空気の中で咲く花はどれも本当にやさしい。どこからともなくやってくる金木犀の香りのように、ほんの少しの甘さと切なさが混じりあい、その余韻と一緒に庭に漂うように咲いているような気がする。

 

E

池の周りにツバメの姿が見えなくなった。

スズメは相変わらずおしゃべりで、元気にバラの赤い実を啄んでいる。

F

ルで舟を漕ぐように、秋がゆっくり進んでいく。

 

【バックナンバー】(過去の記事は以下から読めます)

第一回
第二回
第三回
第四回
第五回
第六回
第七回
第八回
第九回
第十回
第十一回
第十二回
第十三回
第十四回
第十五回
第十六回
第十七回
第十八回
第十九回
第二十回
第二十一回
第二十二回
第二十三回
第二十四回
第二十五回
第二十六回
第二十七回
第二十八回
第二十九回
第三十回
第三十一回
第三十二回
第三十三回
第三十四回
第三十五回
第三十六回
第三十七回
第三十八回
第三十九回
第四十回
第四十一回
第四十二回
第四十三回
第四十四回
第四十五回
第四十六回
第四十七回

【PROFILE】
西田啓子:ファーマーズフローリストInstagram@keikonishidafleuriste
フランス・パリ近郊花農園シェライユ在住。パリの花のアトリエに勤務後、自然を身近に感じる生活を求め移住。以来、ロ-カルの季節に咲く花を使いウエデイングの装飾や、農園内で花を切る事から始める花のレッスンを開催。花・自然・人との出会いを大切にする。
https://keikonishida-fleuriste.jimdo.com/

NEW ENTRY

  • 385

    2021.10.18

    【レシピ】いつもの料理を10分で ⑮秋刀魚の梅煮

  • インスタ2

    2021.10.17

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす(51) ・・・

  • _ENT0766

    2021.10.14

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • IMG_5153

    2021.10.13

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • helenarubinstein_eye

    2021.10.12

    松本千登世さんが語る ヘレナ ルビンスタインの魅力 「日々の・・・

  • H200911-017

    2021.10.07

    【レシピ】冷水希三子さん 「ハーブをもっと食卓に」③漬ける