連載&レコメンド

【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマキ100本ノック 17本目/100

Update : 2021.03.17
keyword:

八百屋さんに登場する春野菜に、心躍る時期になりました。春巻きの語源は、春の新芽を巻いて食べて、無病息災を願ったことからきているとか。食べて美味しく、体にもやさしい春巻きを毎週1本ずつ、ご紹介します。

題して「ハルマキ100本ノック」。

「こんな食材、春巻きにならないかな?」など、リクエストも受けつけております。
(herself@kobunsha.com)までお願いします。

 

まずは最初に、100本すべての共通ルールです

  • レシピは3本分の量で表記。
  • フライパンを使用。※ここで使用しているフライパンは、直径26㎝のテフロン加工のものです
  • 使う油は、大さじ4。フライパンが小さい場合は、これより少ない量に加減しましょう。
    ※今回サラダ油は大さじ3になります。

_A0A1150

  • 火加減は弱火から中弱火。じっくり揚げ焼きする感じです。
  • 火を入れる時、ひっくり返す時以外は、なるべく触らない。下手に触らない方が、きれいに仕上がります。
  • 巻き終わりの糊付けは不要。巻き目を下にして火を入れれば大丈夫です。

_A0A1147

 春巻きの皮は、モランボンの春巻きの皮を使っています。時にはゴツゴツした具を巻いたりもするので、破れにくく、かつ美味しい皮が理想。モランボンの皮は、ちょうどいい厚さで、パリッと仕上がるところが気に入っています。薄い皮を使う場合は、具材を巻く時や火を入れている時に破れないよう気を付けましょう。

 17/100

「もやしとニラ、ニンニクの春巻き」

_ENT8253

「疲れたなあ」とトボトボ歩いて買い出しに行く途中、「元気がないときは、ニンニク、ニラ、ネギを食べましょう!」振り返ると、近所のデイサービスのスタッフさんが、おじいさんに言っているのでした。思わずニンニクとニラを購入。炒めてもよいけれど、ちょっと待てよ、と春巻きにしてみました。かぶりついて、元気になる1本。疲れていても、ひげ根はとりましょうね。

 

【材料】3本分

  • もやし…100
  • ニラ…9本
  • ニンニク…2かけ
  • 春巻きの皮…3
  • サラダ油…大さじ3(炒め用/大さじ1、揚げ焼き用/大さじ2)
  • 塩…少々
  • ラー油…好みで

 

 【作り方

1.もやしはひげ根をとる。ニラは1cmの長さにざく切り、ニンニクはみじん切りにする。

2.フライパンにサラダ油とニンニクを入れ弱火で温め、香りがたってきたらニラともやしを加え、強火でさっと炒め、皿に移し冷ます(巻く前に必ず冷ましましょう)。

_ENT8119

_ENT8121

_ENT8128

3.春巻きの皮の上に、2を置いて巻く。

_ENT8210

4.フライパンに残りのサラダ油を入れ中火で温めたら、春巻きを並べ、焼く。
※いつもより使う油が少ないので、焼くという感じです。焦げないように気を付けましょう。

_ENT8222

5.両面が美味しそうな色になったら火からおろし、塩と、好みでラー油を添える。

 

【合わせたいお酒】

ビール。がぶりとかじって、プハーといきましょう。

 
 

春巻きをきれいに切るには 

読者の方から、「春巻きをきれいにカットする方法を教えてください」とのご質問をいただきました。まずは、包丁の先端で切れ目を2㎝くらい入れます。切れ目が入ったら、そこを手掛かりとして、包丁を前方に軽く押して、切り分けてみてください。切る時に、軽くフッと息を吐いてみると、余計な力が入らずに上手く切れますよ。作ってみたけれど上手くいかないなどみなさんのご質問、ご感想、リクエストをお待ちしています。

 

動画でも紹介しています!島田さんによるコツなども聞けます!

【バックナンバー】
1本目:原木シイタケと生ハム、ゴルゴンゾーラの春巻き

2本目:サツマイモとゴルゴンゾーラ、ドライイチジクの春巻き

3本目:舞茸とパクチー、アーモンドの春巻き

4本目:山芋とチーズ、トマト、大葉の春巻き

5本目:タコとジャガイモの春巻き

6本目:カラスミと餅、キャベツの春巻き

7本目:干し柿と大根、生ハムの春巻き

8本目:干し柿とクルミ、ゴルゴンゾーラの春巻き

9本目:蓮根、アンチョビ、クルミの春巻き

10本目:とろとろ春菊とコリアンダーシードの春巻き

11本目:里芋と、春菊の茎、桜えびの春巻き

12本目:はんぺん、アボカド、韓国海苔の春巻き

13本目:リンゴ、カマンベール、塩昆布の春巻き

14本目:鯖のリエットとゴボウの春巻き

15本目:菜の花と鯛、金柑の春巻き

16本目:菜の花と蕪の春巻き

【プロフィール

_A0A1386

島田由美子:ドイツワインと野菜料理を楽しめる「ワインセラーローゼンタール」店主。春巻きはお店の定番メニュー。季節によって、中身が変わります。

ワインセラーローゼンタール
住所:東京都中央区銀座8-7-11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8F
☎03-3574-8758
営業時間: 18:30~23:00
休:日、祝
公式サイト

 

撮影/牧田健太郎 構成/松本朋子

 

NEW ENTRY

  • _ENT0211のコピー

    2021.04.21

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • インスタ用

    2021.04.18

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす㉞水の反映・・・

  • _ENT0196

    2021.04.14

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • インスタ1

    2021.04.11

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす㉝青空と花・・・

  • Img105155

    2021.04.10

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • 214

    2021.04.08

    【レシピ】いつもの料理を10分で ⑨蕪蒸し