連載&レコメンド

【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」⑧

Update : 2021.01.23
keyword:

料理家という仕事柄、たくさんの器や調理道具をお持ちのワタナベマキさん。
そんなワタナベマキさんがこよなく愛しているのが「器としても使えるすり鉢」です。

今回使うすり鉢は、益子で作陶を続ける原泰弘さんの作品。
ゆり根のがんもどきや、五平餅、前回の牡蠣の白味噌和えなどにも使用しています。
ぽってりとした厚みのある質感で、使い勝手抜群。

ささみと金柑のごま和え

Img104020

旬の金柑とせりを合わせて、定番のごま和えにみずみずしさと爽やかな苦味をプラス。食材の組み合わせをひと工夫するだけでシンプルな和えものも、食卓を彩る一品に。

【材料】2人分
鶏ささみ肉…4本
金柑…6個
せり…1束
酒…大さじ2
白いりごま…大さじ3
A
黒酢…小さじ2
しょうゆ…小さじ2
塩…ふたつまみ

1.鶏ささみ肉は筋を除き、酒を加えた湯で1分半ほどゆでて火を止める。そのまま余熱で火を通す。
2.金柑は縦4等分にし、種を除く。せりはざく切りにする。
3.すり鉢に白いりごまを加えてすりこぎなどで半ずりにし、Aを加えて混ぜる。

BBB_1610

4.3に水けをきったをほぐして加えて和え、なじんだら2を加えてさっと和える。

BBB_1622

 

「ごまは使う直前に半ずりにすることで香りが倍増し、ごま和えが見違えるようなおいしさに。ゆでたささみは水けをしっかりきるのもポイントです」

前回の記事はこちらから(牡蠣の白味噌和え)

[PROFILE]
ワタナベマキ:料理家。グラフィックデザイナーを経て「サルビア給食室」として料理家の活動をスタート・著書多数。新刊は『ほったらかしでおいしい!蒸しレシピ』(学研プラス)。
Instagramアカウントは@maki_watanabe

撮影/馬場わかな 文・構成/高田真莉絵

NEW ENTRY

  • 2022.11.29

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 100本目 【最終回】

  • 2022.11.19

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 99本目 

  • 2022.11.18

    「界 霧島」「手業」と「いい湯」をめぐる旅 Vol.1

  • 2022.11.18

    【Flower cycle Art】フラワーサイクリスト・河・・・

  • 2022.11.14

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • 2022.11.13

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 98本目