連載&レコメンド

【レシピ】いつもの料理を10分で ⑤グラタン

Update : 2021.01.28
keyword:

しっかりと時間をかけて作る日もあるけれど、それでは毎日がまわらない……。
とはいえ、時短料理は溢れているけれど、
ただただ短い時間で料理ができればいいと思っているわけではない……。

「なぜ」このやり方なら、10分で作れるのか?
「どこ」さえおさえていれば、味の要が守れるのか?
理由を知っていれば、レシピを見続けなくてもサッと作れるようになる。

料理研究家の上田淳子さんに、(ほぼ)10分で作るための、省いていい部分・守るべき部分を教えていただきました。

もちろん、時間をかけて作るレシピは素晴らしいけれど、
日々の小さな幸せには、こういったレシピも必要だなと感じるのです。

Vol.5
グラタン

101

「グラタン」を食べたいと思ったとき、真っ先に思い浮かぶのが、「ホワイトソース作りが面倒……」という点。もちろん、缶詰を使うという手もあるけれど、それでも短時間でできるイメージはないと思います。では、ほぼ10分で作るとしたらどうしたらいいのでしょうか。

「グラタン」を食べたい! と思ったとき、どんなものを自分を求めているか? をまず考えてみてください。

例えば、
*チーズの焼けた味わい
*とろっとしたソース

この2点を求めて「グラタン」を食べたい! と思ったのならば、マカロニは茹でるのが面倒だからやめようかな…など取捨選択ができるようになります。
と、このように、自分(家族)の食べたいものと時間や心の余裕・忙しさを考えて、何を生かして、何を省くかを考えて、レシピをアレンジしていけばいいのではないでしょうか。

今回は、チーズの焼けた味わいと、とろっとしたソースを条件に10分でグラタンを作っていきます。フランス・ドフィーネ地方の郷土料理、「グラタン・ドフィノワ」(じゃがいもだけのグラタン)をアレンジしたレシピです。

ほぼ10分で作れるのには、理由がある…!
おさえどころ・諦めどころ

POINT1
ホワイトソースを使わない!

グラタンをきちんと作るとすると、ホワイトソースが必要になります。ですが、このホワイトソース作りが厄介。焦げつきやすかったり、ダマになりやすかったり…失敗経験のある人も多いはず。ましてや忙しい日に、じっくりと弱火のまま丁寧に……なんてやっていられません。ほぼ10分でグラタンを作ろうと思ったら、潔く面倒なホワイトソースはやめてしまいましょう。「グラタン・ドフィノワ」ではホワイトソースを使いません。今回はそこからヒントを。生クリーム、とろけるチーズだけで作ります。

POINT2
ほぼ10分で作るとするならば、
マカロニは諦めて、ジャガイモで

グラタンの具材は色々とありますが、王道はマカロニでしょうか。となると、下茹でが必要になってきます。短時間で作ろうとするならば、取捨選択は必要。今回は、下茹での必要なマカロニではなく、スライサーで薄くスライスしたジャガイモを使って短時間で作っていきます。ホワイトソースを使わない分、ジャガイモのでんぷんを”とろみ”とするため、スライスしたジャガイモは、水にさらさないように!(水にさらすと、でんぷん質が抜けるため)

POINT 3
鍋は使わない!
電子レンジで具材を加熱すればOK

グラタンの中に入れる具材を下茹でしたり、フライパンで炒めるという工程も省いてしまいましょう。グラタン皿に、具材、生クリーム、塩・こしょう全て入れて、電子レンジへ。

 

POINT 4
【ここは手を抜かない!】
耐熱ボウル・グラタン皿に

ニンニクをこすりつけて、香りづけを

具材を入れる前のグラタン皿に、しっかりとニンニクの切断面をこすりつけて香りづけをしましょう。そうすることで、ニンニクの香りが具材に移ります。”フライパンでニンニクの香りを出して、具材を炒める”という工程を省いている分、ここはマストで行なってください。細かい作業に見えますが、やるのとやらないのとでは、味の奥行きが違ってきます。

■チキンとジャガイモのグラタン

【材料】(2人分)

  • 鶏もも肉…100g(唐揚げ用なら3~4個)
  • タマネギ…1/4個(50g)
  • マッシュルーム…3個(50g)
  • ジャガイモ(メークインがおすすめ)…2個(250g)
  • 生クリーム 乳脂肪分 30%台のもの…200ml
  • とろけるチーズ…30g
  • 塩…小さじ2/3
  • こしょう…少々
  • ニンニク…適量

※メークインで作ると本格的な味わいに。マッシュルーム以外にシメジなどでも

【作り方】

1.鶏肉は小さめの角切りにする。タマネギは薄切りにする。マッシュルームも薄切りにする。ジャガイモは皮をむきスライサーなどでごく薄切りにする(水にさらさないように)。グラタン皿にニンニクをこすりつけておく。

107

2.ボウルに1.と塩、こしょう、生クリームを入れ全体をよく混ぜる。グラタン皿にうつし、ラップをしっかりとかけて、レンジで5~8 分加熱する。(電子レンジ:600w)

124

※5分だとじゃがいもに歯ごたえがある仕上がりに。8 分だとクリーミーな仕上がりになります。

3.2.を取り出し、ラップを外してチーズをかけ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。

123

【PROFILE】
上田淳子:料理研究家。スイスやフランスのレストランで修業を積み、現在の道へ。食育の活動も行う。著書多数。近著に、『上田淳子のチキンスープ – 鶏肉=具材、スープ。簡単、本格的。』(グラフィック社)。
Instagram:@ju.cook

 

【バックナンバー】

ミートソース

茶碗蒸し

ハンバーグ

ビーフシチュー

 

 

撮影/大森忠明 文・構成/松本朋子

 

NEW ENTRY

  • _ENT0028

    2021.07.21

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • インスタ

    2021.07.18

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす ㊺べリー・・・

  • _ENT0054

    2021.07.15

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • インスタ1

    2021.07.11

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす ㊹夏の匂・・・

  • IMG_0648 - コピー

    2021.07.09

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • _ENT8553

    2021.07.07

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・