連載&レコメンド

【レシピ】料理研究家・前沢リカさんが提案する新しいスープ⑤

Update : 2021.01.05
keyword:

寒くなると、恋しくなるのは熱々のスープ。でも、いざ作ろうと思うと意外と面倒なもの。忙しい毎日にやさしく寄り添う、簡単に作れて食べごたえのある〝新しいスープ〟を料理研究家 前沢リカさんに提案してもらいました。

煮浸しと煮物の間のような、新しいスープ

野菜や乾物を主役にした、体にやさしい和食をいただける店として人気の「七草」店主、前沢リカさん。前沢さんが新しいスープとして提案してくれたのは、煮浸しと煮物の間のようなスープ。

「和食って、実は汁ものと煮物や煮浸しの境目があまりないんです。けんちん汁も、具材をもっと大きく切って煮汁を少なくすれば、お煮しめのような煮物にもなりますし、おひたしも汁を多くすればおすましのようなもの。発想次第で、定番のおかずもスープとして生まれ変わります。今回は、味噌汁では物足りない人のために、ボリュームのあるスープと、とことんシンプルな食材の味を堪能するスープを紹介します。どれもご飯が進む味付けです」

鶏肉と冬野菜、ゆずのスープ

L2405881 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ2

冬野菜の持つ魅力を一皿にぎゅっと凝縮。ゆずで味にメリハリを。

[ 材料 ](2~3人分)
鶏もも肉…1枚(約250g)
かぶ…1個
カリフラワー…80g
芽キャベツ…10個
ゆず…1/2個
A[水…800ml 昆布(5cm)…2枚 しょうが(薄切り)…3枚 酒…大さじ2]
塩、しょうゆ…各適量

 

[ 作り方 ]
1.鶏肉は余分な脂と筋を取り除き、食べやすい大きさに切る。かぶは皮をむいて12等分のくし形に切る。カリフラワーは1cm厚さに切り、芽キャベツは縦半分に切る。ゆずは4等分のくし形切りにする。

2.鍋に1の鶏肉、Aを加えて中火にかける。ひと煮立ちしたら火を弱め、10分ほど煮る。途中、アクが出てきたら除く。かぶ、カリフラワーを加えて5分ほど煮たら、芽キャベツを加えてさらに5分ほど煮る。

3.食材がすべてやわらかくなったら、塩、しょうゆで味をととのえ、ゆずを加えて火を止める。

 

【PROFILE】前沢リカ:東京・富ヶ谷の人気和食店「七草」店主。野菜や豆、乾物を使った滋味深い料理が人気。2年連続ミシュラン一つ星獲得。著書に『うちの乾物料理』(高橋書店)などがある。
Instagram:@ju.cook

撮影/相馬ミナ スタイリング/中里真理子 取材・文/高田真莉絵 構成/松本朋子

※2020年2月号の掲載記事より抜粋

【バックナンバー】

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ①

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ②

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ③

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ④

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ⑤

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ⑥

【レシピ】料理研究家・上田淳子さんが提案する新しいスープ⑦

【レシピ】料理研究家・前沢リカさんが提案する新しいスープ①

【レシピ】料理研究家・前沢リカさんが提案する新しいスープ②

【レシピ】料理研究家・前沢リカさんが提案する新しいスープ③

【レシピ】料理研究家・前沢リカさんが提案する新しいスープ④

NEW ENTRY

  • _ENT0766

    2021.10.14

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • IMG_5153

    2021.10.13

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • helenarubinstein_eye

    2021.10.12

    松本千登世さんが語る ヘレナ ルビンスタインの魅力 「日々の・・・

  • H200911-017

    2021.10.07

    【レシピ】冷水希三子さん 「ハーブをもっと食卓に」③漬ける

  • _ENT0728

    2021.10.06

    【レシピ】ワインセラーローゼンタール 島田由美子さんのハルマ・・・

  • H200911-018

    2021.10.06

    【レシピ】冷水希三子さん 「ハーブをもっと食卓に」②ペースト・・・