今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

指名率No.1美容師に聞く、大人のためのセルフ前髪カットの方法

Update : 2020.06.23
keyword:

■「顔のフレーム=髪」を整えなおす

ヘアが決まっているかいないかは、一日の気分を左右する大事な要素です。

とはいえ、いつも手間暇をかけて、完璧でいられるとは限りません。

そこで、おこもり生活中でも、忙しくて、たまにしかサロンに行けなくても、心地よい顔でいられるヘアについて考えてみました。

今回は自宅で簡単に前髪を切る方法を和野陽介さんにお聞きしました。6・7月合併号より、一部抜粋してご紹介します。

前回の記事はこちら

 

 

お教えいただいたのは・・・・
L〇エリルミー
和野陽介さん
「ZACC」にて延べ10万人を担当。11年連続指名率No.1の実力を生かし、サロンを開業。大人の髪悩みを解決するスタイリングが人気。

[SALON DATA]
K〇エリルミー
エリルミー フロム ザック
住所/東京都新宿区新宿2-2-1 ビューシティー新宿御苑2F
☎03-5357-7897
HP/https://elilume.com/

 

 

■いい大人だって、自分で前髪の切り方をこの際マスターしたい

前髪はヘアスタイルの中でも最も重要なパーツですので、サロンで切るのが一番。でも、5㎜でも伸びてくると鬱陶しくかんじるという方も多く、次にサロンに行くまで待てないこともあるでしょう。

そこで、簡単に前髪を自宅で切る方法を教えていただきました。

前髪カットの最初のポイントは、いつものやり方で前髪を乾かしておくこと。よく髪を濡らして切る方がいますがそれはNGだそう。生え際は生えグセやうねりの出やすい場所なので、濡らして切ったときはキレイだったのに、乾かすとガタガタになってしまうということも。

次に大切なのは、自然な丸みをつくること。特に大人世代は、パーツや輪郭に丸みがあるほうが若々しく見えるのです。自分で切る際、横から切り始めてしまいがいですが、中央から切ることで自然な丸みを出すことができるそうです。

 

 

<HOW TO>

①まずは前髪の量を正確に把握します
1hers-maegami-up
洗い髪を乾かす要領で、いつもの手順で前髪を乾かします。額の中心から指3本分頭頂部寄りの点を起点として、放射状に櫛で髪をとかします。

 

②前髪の横幅は目じりまで。その部分をさらに3つに分けます
2hers-maegami-up
目じりまでの髪を前におろして、他の髪は耳にかけるか、クリップでとめます。両目の黒目までの髪とその外側の髪(両側2ヵ所)の3つのパートに分けます。

 

③ひとまとめにして45°の角度まで持ち上げて切ります
3hers-maegami-up
中央部分を、目が隠れるくらいの長さで指でつまんで一束にして、前髪の頂点と床が45°の角度いなるように持ち上げ、束にしたままでぱつんと切ります。

 

④両側を中央部分の長さに合わせて内側から外側に切ります
4hers-maegami-up
中央部分は自然な丸みを帯びて、両端が短くなっているので、その長さに合わせるようにして、内側から外側に切っていきます。

 

⑤中央部分を直角に持ち上げ縦にはさみを入れます
5ahers-maegami-up
毛先1.5㎝くらいまで縦にはさみを入れて前髪を透きます。こうすると、ぱっつん前髪にならず、自然なボリューム感のある前髪が作れます。

 

⑥再度に流すときは、流したい方向と逆向きにカーラーを巻いて
6hers-maegami-up
右に向けて流したい場合は、左向きにカーラーを巻き、熱風をあててのち、10秒ほど冷風をあてて、カールを固定させます。手櫛でほぐして流せばできあがり。

 

 

前回の記事はこちら

イラスト/高篠裕子(アスタリスク) 取材・文/秋元恵美 構成/永吉徳子

NEW ENTRY

  • PR_800x800

    2020.07.10

    沖縄の原風景。吹き抜けてゆく風が心地よい。

  • a199

    2020.07.09

    ビューティサロン直伝! 自宅で出来る、地爪を美しく保つ方法

  • aKD_EOSR9336

    2020.07.09

    旅のスタイルに合わせて選ぶ、軽井沢のホテル3選

  • 1KD_EOSR9035

    2020.07.03

    軽井沢で味わう「絶品の朝食を堪能できる店」3選

  • aHERS・ソ隨鷹。・_V7A5665

    2020.06.30

    気持ちのゆらぎ、不調対策に。実は簡単!「ながら瞑想」で脳に休・・・

  • b__DSC0263-1

    2020.06.29

    美容エディター・松本千登世さん、〝若い自分〟から解放されたき・・・