今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

心地よい部屋 ~HERS interior REVIEW~ case10

Update : 2020.06.25
keyword:

家にいる時の”心地よさ”というのは、どうやって決まるものでしょうか。
広いリビングや機能性、リッチな触り心地の家具が大切だったり、
高層マンションからの眺めという方もいらっしゃるかもしれません。

HERSがインテリア特集で向き合ってきたことのひとつに、
「自分らしさ」というものがあります。
なにも今さら、自分探しをしていただきたい、という青臭い話ではありません。笑
暮らしていて、自分が好きなもの、自分が気持ちいいこと、
自分が感じる”心地よさ”に素直でいられるかどうか、ということだと思います。

様々な企画でお世話になっている料理研究家、植松良枝さん。
_24A0022
生活にグリーンが欠かせないということで、
テラスには、トネリコ、月桂樹、クスノハカエデ、ジューンベリー、西洋ニンジンボクなど、
多種を育てていらっしゃいます。
こちらに入居されてから、大きく育つ樹木を育て始めたそうです。

テラスで過ごす時間もさることながら、リビングからグリーンを眺めるのも至福の時間だそう。
_24A0056

室内に目を移すと、お仕事を反映したご自身らしさが発揮されています。
_24A0129_P40
オーダーで作られた食器棚は中央をオープンデザインにして使い勝手もよく、
眺めたい器や季節の花などを飾るためのスペースです。

_24A0169
扉を開けると、トーンを揃えられた食器の数々。
こうやって見ても、美しいですね。

_24A0174
キッチンの吊り戸棚の一方は扉をはずして、
見ていて楽しいおひつや銅鍋を収納してあります。
湿気がこもらないという利点もあるそうですよ。

植松さんのお宅は、壁使いが素敵です。
_24A0134
スペイン・バスクのバルで使われているワインオープナーは、
キャップシールをつけたまま開栓できるので便利です。
しかも、カッコいい!

_24A0180
タイル貼りにした廊下の壁にフックを差し入れ、
数々の刷毛やホウキを見せながら収納。
オシャレに見えるだけでなく、気になったらすぐ掃除もできるんです。笑

細かいことですが、食器棚の引き出しに注目すると…
_24A0145
取っ手がひとつひとつ変わっています。
スペインの金物屋さんで買ってきた、いろいろな取っ手を採用。
こういう遊び心にこそ、オーナーさんのセンスが表れるところですよね。

人が集まることが多い植松さんのお宅。

もちろん高級家具も結構ですが、お呼ばれして目を引かれてしまうのは、
実は、その家主のセンスが滲み出たところです。
どんな質感や色合いでまとまっているか、どんな素材の壁や床か……
そこに生活していないからこそ、気になることもありますよね。

家は自分が暮らすための場所。
だから、自分が心地よければいいのです。
でも、その”自分らしさ”が、周りの人も心地よくしてくれるとしたら、
そんなに幸せなこともありません。
”いい家”ってどんな家なのか、その答えはまだまだ見つかりそうもありません。
~編集Kより、これまで関わっていただいた皆様への感謝を込めて~

 

撮影/金子美由紀(ナカサアンドパートナーズ) 取材/加藤登紀子

HERS2019年1月号より

 

HERS最新号はこちらからお求めください。

 

NEW ENTRY

  • KD_IMG_3668

    2020.10.21

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑧大平一枝さんの三・・・

  • KD_003

    2020.10.17

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑦瀬戸口しおりさん・・・

  • 赤坂 Praris40 2

    2020.10.15

    【東京アートパトロール】ようこそ!お菓子の国へ —日本とフラ・・・

  • KD_022

    2020.10.13

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑥枝元なほみさんの・・・

  • I2mg101346

    2020.10.12

    民藝の器や道具を使ってみませんか? 福田里香さんセレクトの器・・・

  • KD_IMG_4144

    2020.10.10

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑤しらいのりこさん・・・