今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

心地よい部屋 ~HERS interior REVIEW~ case09

Update : 2020.06.18
keyword:

インテリアの”テイスト”って、すごく大切です。
モダンテイストが好きなのにほっこりした部屋を選んでしまったり、
北欧テイストが好きなのに、無機質な内装を選んでしまったり……。
ご自身で積極的に選んでいれば、そんな悲劇は起こらないと思いますが、
たとえば、ご主人のこだわりが強すぎるご家庭だったりすると、ありえます。

Sさんご夫婦は、ともに旅が趣味。
旅先で出合った空間をご自宅に取り入れているそうです。
_M4A1217
こちらのキッチンは、ニューヨーク・ブルックリンスタイル。
たしかに、モノトーンベースの色合いに、インダストリアルな照明使いなど、
シャープで洗練されていますね。
倉庫をリノベーションしたキッチンがイメージソースとのこと。

キッチンカウンターの延長のように作ったダイニングテーブルは
まさにシェフズテーブルのような趣き。

_M4A1255
スチール製の室内窓をしつらえた内装は、光と風の通り道を作るため。
68㎡のマンションという環境を最大限に生かした工夫は、
スタイリッシュなだけでなく、快適な暮らしを支えています。

_M4A1275
ダイニングからも手の届く場所にビルトインのワインセラーを設置。
「休日に料理を作り、つまみながら夫婦でワインを楽しんでいます」

_M4A1327
ソファを置かないお宅なので、
ダイニングに備えられたチェアは座り心地のいいアーム付き。
これだとダイニングテーブルに長居してしまいそうです。

_M4A1244
キッチン以外の場所もNYのホテルのような雰囲気。
自然光の入る窓際にはミニ書斎とパウダールームを設置しています。
バルコニーからの眺めがミラーに写りこみ、気分よく朝の支度ができるそう。

_M4A1310
ちなみに、こちらの暖炉はバイオエタノール式で、
煙突いらずのため、マンションでも対応できます。
ダイニングの一角の小上がりスペースが一気にリッチな空間に。

空間作りのイメージをまとめる、たったそれだけで
毎日の暮らしが一段階豊かになれそうです。
ただし、ご家族の趣味が近いということが最重要かもしれませんね。

 

撮影/金子美由紀(ナカサアンドパートナーズ) 取材/加藤登紀子
HERS2019年1月号より

編集K

HERS最新号はこちらからお求めください。

光文社の通販サイト、kokode.jpでも購入できるようになりました!(6月30日まで期間限定)

NEW ENTRY

  • PR_800x800

    2020.07.10

    沖縄の原風景。吹き抜けてゆく風が心地よい。

  • a199

    2020.07.09

    ビューティサロン直伝! 自宅で出来る、地爪を美しく保つ方法

  • aKD_EOSR9336

    2020.07.09

    旅のスタイルに合わせて選ぶ、軽井沢のホテル3選

  • 1KD_EOSR9035

    2020.07.03

    軽井沢で味わう「絶品の朝食を堪能できる店」3選

  • aHERS・ソ隨鷹。・_V7A5665

    2020.06.30

    気持ちのゆらぎ、不調対策に。実は簡単!「ながら瞑想」で脳に休・・・

  • b__DSC0263-1

    2020.06.29

    美容エディター・松本千登世さん、〝若い自分〟から解放されたき・・・