今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

心地よい部屋 ~HERS interior REVIEW~ case07

Update : 2020.06.04
keyword:

秋山さんのご自宅は、ゾーンごとに色分けされています。
「癒されたい時、元気が欲しい時、それぞれに寄り添ってくれる色を取り入れています」とのこと。

眺めのいいリビングダイニングの壁はニュアンスグレー。
AKI_1200
癒される時間を過ごしたいとの思いが溢れています。
ブラケットライト(壁付き照明)でひとり時間も演出。

ゆったりとしたソファ以外に置いてあるイデーの子供用ソファは?
AKI_1224
「気分転換用です。持ち歩けるので、気分によって見る景色を変えられます。
移動式のパワースポットですね(笑)」
グレートーンの中に映えるイエローが可愛らしいですね。

そして、落ち着いた色合いの廊下の先にある小さな部屋……。
AKI_1253
0.5畳ほどのミニ書斎!
元々あった小さなストックルームをリモデルして作った仕事部屋は、
壁色にレモンカラーを採用して、いかにも元気が出そう。
「ここで仕事を終えて扉を閉めれば、気持ちが切り替えられます」
うらやましいです…そういえば、”書斎は男の夢”という時代がありました。
最近は、”女の現実”になりつつあるのかもしれません(笑)。

クローゼットルームはフューシャピンクがメインカラー。
服を選ぶ時は、ハッピーな気分のほうがいいですよね。
AKI_1234
収納家具でぎっしりですが、このスタイリッシュさは見習いたいです。
顔色の写りもよく、意外とものを探すのにいい色だそうですよ。

自分にかける時間を豊かにするために、色を使っている事例ですが、
ペイントで楽しんでいらっしゃるので、気分に合わせて塗り替えられるのも
これから先の楽しみになりそうです。

 

撮影/福知彰子 取材/加藤登紀子
HERS2019年1月号より

編集K

 

HERS最新号はこちらからお求めください。

光文社の通販サイト、kokode.jpでも購入できるようになりました!

NEW ENTRY

  • 赤坂

    2020.08.11

    東京の中の「心地よい場所」③

  • グランドキッチン

    2020.08.09

    東京の中の「心地よい場所」②

  • お茶1

    2020.08.08

    〝涼〟を感じるお茶時間①

  • soil

    2020.08.04

    東京の中の「心地よい場所」①

  • main2 のコピー

    2020.07.28

    おうちの中、「心地よいひとり時間」の作り方②

  • メイン

    2020.07.22

    おうちの中、「心地よいひとり時間」の作り方①