今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

【日本再発見4】ローカル麺

Update : 2020.05.14
keyword:

IMG_0403

旅に出たときのお楽しみの一つに、その地ならではの
郷土料理をいただくことが挙がると思います。

季節のもの、その土地ならではの家庭料理、その土地でしか採れない特産品。
訪ねれば訪ねるほど、それぞれの滋味深さ、奥深さ、
またはインパクトや独自性の高さに、感動しかありません。

でも、旅の間中、ずっと重量感のある食事ばかりするのは、
もう私たちにはトゥーマッチですよね。

そんなとき、やはり気楽にサクッと食べられる
麺類は、旅のファストフードとして重宝します。
しかも、それぞれの土地で育った麺文化を垣間見ることで、
その土地の風土に思いを馳せてみたりも。

上記の写真は、沖縄県の「きしもと食堂」のそば(大)です。
こちらの食堂は本部町にある沖縄そばのお店。
1905年開業の老舗で、地元の人から観光客まで、
多くの人で賑わっています。
特徴は、木灰を使った手打ちそばであること。
鰹出汁のお汁も品があり、飲み干したくなります。
また、ジューシーのほんのり濃いめの味付けも癖になる美味しさです。

 

IMG_9907

こちらは長崎県佐世保市にあります、
「香蘭」の皿うどんです。
餡の旨味とまろやかさ、野菜のシャキシャキとした食感は、
一度食べたら病みつきです!

 

IMG_6882

こちらは富山県富山市にあります、
「親爺」という老舗居酒屋でいただく氷見うどんです。
魚もおでんもお酒も美味しい地元に愛されるこちらは、
昼間から開いているので、つまみをいただきつつ、
富山名物の細うどんを堪能するのにいいお店です。

 

IMG_1085

最後にこちらの麺は、
奄美大島の名瀬にあります、「ゆらい処」の油ぞうめんです。
奄美の郷土料理の油ぞうめんは、いくつかの具材と茹でたそうめんに
少し出汁を加えて、油で炒め合わせたものです。
乳化したスープがそうめんに絡まり、満足感の高い1品です。

またその土地土地の麺を楽しみに、
旅に再び出られる日が楽しみで仕方ありません。

NEW ENTRY

  • PR_800x800

    2020.07.10

    沖縄の原風景。吹き抜けてゆく風が心地よい。

  • a199

    2020.07.09

    ビューティサロン直伝! 自宅で出来る、地爪を美しく保つ方法

  • aKD_EOSR9336

    2020.07.09

    旅のスタイルに合わせて選ぶ、軽井沢のホテル3選

  • 1KD_EOSR9035

    2020.07.03

    軽井沢で味わう「絶品の朝食を堪能できる店」3選

  • aHERS・ソ隨鷹。・_V7A5665

    2020.06.30

    気持ちのゆらぎ、不調対策に。実は簡単!「ながら瞑想」で脳に休・・・

  • b__DSC0263-1

    2020.06.29

    美容エディター・松本千登世さん、〝若い自分〟から解放されたき・・・