今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

美容パーツモデル金子エミさん 自宅にあるものでできる簡単かかとケア

Update : 2020.05.10
keyword:

こんにちは。美容担当編集Nです。

だんだんと気温も上がり、サンダルを履く時期が近づいてきました。
今すぐには思うように外出できませんが、来たる時期に躊躇なくかかとが出せるように少しづつケアをしていきたいですよね。

2019年12月号で「大人の保湿を整えなおす」という企画を担当し、美容パーツモデルとして活躍されている金子エミさんにかかとの自宅ケアを伺いました。

金子さん、全身がつるっつるのぴかぴか! 遠くからの登場でも内側から発光しているかのような艶!

nef12292

当然、かかとも赤ちゃんのようなもちもち肌。さすがです。

金子さん曰く、一年中潤い不足のかかとは毎日すこしづつケアをしていくことが大事なパーツだそう。

そして「顔と同じで、かかともいきなりクリームを塗りこむのではなく、まず先に肌に水分を与えてから(保水)、オイルやクリームで潤いが逃げないようにふたをする(保湿)」ことが大切なのだそうです。

 

■金子さん流 自宅にあるもので簡単にできる潤いパック

nef12299

① 水分を含んでもやぶれにくいクッキングペーパーに化粧水を十分にしみこませて、かかとを包むように巻きます。

nef12302

② その上から保湿効果のあるアルミホイルを巻きます。
「体温を利用しながらスチーム状態を作り、かかとをふやかすことで、化粧水の浸透率が高まります」

③ かかとを十分に保水した後は、オイルやクリームなどの保湿剤を塗って完了!

金子さんは月に2回ぐらいこのケアを行っているようです。

11931684139086

金子さんおすすめのドクターショールのかかと用保湿クリームです。取材後、すぐに購入し、ケアを実践。

初めてから半年ほどになりますが、いつもはこの時期、頻繁にやすりで削っていたがちがちかかとが10日に1回ぐらい、ささっと削るだけで大丈夫なほどつるつるになりました。顔は毎日あんなにいろんなものをつけているのに、完全にかかとはノーマークだった私のかかとでも、これほどまでの反応のよさ。

ぜひお試しください。

 

編集N

撮影/片岡 祥 取材・文/木川誠子
2019年HERS12月号より

 


HERS最新号はこちらからお求めください。

 

 

 

NEW ENTRY

  • IMG_6059

    2020.05.27

    【日本再発見5】旅先から連れ帰る

  • 88D1A2C4-530D-42DA-9153-DC77C04C4648

    2020.05.26

    今だから、心に響く言葉⑥――HERSアーカイブから

  • aKD_DSF9748

    2020.05.26

    鎌倉で見つける、「大人の暮らし」を整える器と道具

  • eyecatch

    2020.05.25

    楽に体を整えなおす下着 大人が知っておきたい3つのポイント

  • IMG_5275

    2020.05.23

    おこもりレシピ_料理家の3行レシピ

  • IMG_14353

    2020.05.22

    【新調したいオシャレ】5月、私たちはなにを羽織るべきか