連載&レコメンド

美容家・川邉ちがやさん、幸せを感じられる心地よい靴とは?

Update : 2020.05.01
keyword:

「この3足」がいまの私

たくさん靴は持っていても、ワードローブのレギュラーになれる靴はせいぜい3足。

そんな実感を基に、川邉ちがやさんに「この春の3足」を教えてもらいました。

4月号本誌より、一部抜粋してご紹介します。

 

 

■川邉ちがやさん

_05I9416
Profile
美容家。主宰するKAWABE LABにて、大人のためのスタイル提案を行う。著書の『HAPPY AGEING これからの私に合うおしゃれ』では、お気に入りの靴たちを披露。

 

どんな場所にもここちよい状態の靴で向かえる人でありたい

8年前に大型犬を飼い始めてから、ヒールを履かなくなりました。毎日ほぼフラットシューズだけど、行動範囲を広げられるか否かは、結局自分次第なのかも、と実感しています。

たとえばピンヒールを履かなくても、それに勝るエレガントなフラットシューズがあれば、心強いですよね。このルブタンのレースシューズは、女友達とフレンチに行く際も手に取ります。偶然出合ったザバッティ―リのエスパドリーユは、リゾートに必ず持っていく一足。ビーサンだと入るのをためらうお店にも気軽に寄れるし、真っ白なコットンドレスにもぴったり。ジル サンダーのスニーカーは、愛犬の散歩中も手抜きはしたくないと思って、履くたびにソールを洗い、白さを保っています。おかげで犬友達と遭遇し、いつカフェに誘われても大丈夫。

私にとってのいい靴=キレイな靴。高価なものより、お手入れの行き届いたフラットシューズを履いていることが心地いい。そうすることで、足元から小さな幸せを感じられる気がします。

 

_05I8920
<上>ジル サンダーのスニーカー
カジュアルなアイテムだからこそ、白さを保つようお手入れを徹底している。

<右下>クリスチャン ルブタンのポインテッドレース
レディなぺたんこ靴は、ハイヒール気分で。

<左下>ザ バッティリーニの柄エスパドリーユ
コンランショップで出合ったエスパドリーユは、セールで2、3千円という掘出し物。折りたためるから旅先にも重宝。

 

 

撮影/福本和洋 取材・文/横山理恵 構成/永吉徳子

NEW ENTRY

  • 2022.11.29

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 100本目 【最終回】

  • 2022.11.19

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 99本目 

  • 2022.11.18

    「界 霧島」「手業」と「いい湯」をめぐる旅 Vol.1

  • 2022.11.18

    【Flower cycle Art】フラワーサイクリスト・河・・・

  • 2022.11.14

    【レシピ】料理家ワタナベマキさんの「私の愛するすり鉢レシピ」・・・

  • 2022.11.13

    【レシピ】ハルマキ100本ノック 98本目