今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

心地よい部屋 ~HERS interior REVIEW~ case01

Update : 2020.04.23
keyword:

すっかり家にいる時間も増え、
普段は気にならない”家の不具合”が目に付くこと、ありませんか?
編集Kです。

創刊から、読者のみなさんのインテリアに注目し続けている
HERSでは、2年前から定期的に大特集を組んできました。

取材させていただいた素敵なご自宅から、
みなさんの「暮らし」をもっと心地よくするためのヒントを
いくつかピックアップしていきたいと思います。

 

まずは、2018年2月号で特集総扉にも取り上げさせていただいた
井手さんのお宅です。

ide_002

掲載時は、リビングの考え方が自由な方の代表としてご出演いただきました。
7軒目の引っ越しだったというくらい、理想の暮らしを追求されていたそうで、
庭のある平屋に行き着いたとのことでした。

それまでの暮らしをダウンサイジングして、こだわったのが海と庭。
手入れなど大変なことも多いですが、心豊かな生活のようです。

ide_005

hyoshi_001

天井の高い寝室、好きなアートを飾る壁、
思う存分、自分好みにプロデュースされています。

 

ide_004

土間のように、玄関から土足でつながるキッチンなんて、
わくわくしませんか?笑

 

2年前、特集として取材させていただいて強く感じたのは、
HERSの読者の皆さんにとって、住まいとはご自身の表現の場でもあるわけです。
もちろん、おひとりで住んでいる方ばかりでなく、
夫、子ども、親、パートナー……様々な住まい方があると思いますが、
もう、周りに遠慮して”暮らし方”を考えなくてもいい頃合いなのでしょう。

井手さんの暮らしは、苦労もありますが、自由です。
それは、好き勝手という意味ではなく、経験に裏打ちされた自由なのです。
だから、やりたいこと、やっていいこと、やらなくてはいけないこと、
それぞれがわかっているから、”地に足の着いた自由”と言えるかもしれません。

 

ちなみに、井出さんの理想の家は、
ル・コルビュジェが両親のためにレ・マン湖のほとりに建てた
ヴィッラ・ル・ラックだそうです。
どこか、そのイメージを彷彿とさせる暮らしだと思いませんか?

 

撮影/金子美由紀(ナカサアンドパートナーズ) 取材/鈴木奈代
(HERS2018年2月号より)

 

最新号はこちらから

NEW ENTRY

  • グランドキッチン

    2020.08.09

    東京の中の「心地よい場所」②

  • お茶1

    2020.08.08

    〝涼〟を感じるお茶時間①

  • soil

    2020.08.04

    東京の中の「心地よい場所」①

  • main2 のコピー

    2020.07.28

    おうちの中、「心地よいひとり時間」の作り方②

  • メイン

    2020.07.22

    おうちの中、「心地よいひとり時間」の作り方①

  • PR_800x800

    2020.07.10

    沖縄の原風景。吹き抜けてゆく風が心地よい。