今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

愛犬の住みやすさとインテリアのこだわりを両立した「住まいの整え直し方」

Update : 2019.12.27
keyword:

「ペットは家族」なんて使い古された表現で語るつもりはありませんが、これからの人生を考えるうえで、ペットは一昔前に比べても、より欠かせない存在になっています。
では、そんなペットと暮らしていく時に、私たちは何ができるのでしょうか。

ただ可愛がるだけではない、共に生きていくパートナーに対する住まいの‶整えなおし〟方があります。

今回はペットアイテム販売会社を立ち上げた川田さんのお宅を、1月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

 

前回の記事はこちら

 

KD_アタリ_9398211
<写真>消臭効果のほか調湿性能に優れ、断熱性が高く、耐火性があり、室内の空気を清潔に保つといった効果のある珪藻土の壁、犬の足腰に優しい無垢材の床。リビングは半面のみ床暖房にすることで、床に近い小さい愛犬たちの暑さ調節に。

 

■好きな色を追求してこだわった結果、まとまりのある部屋に

犬を飼い始めて、自分たち好みの家具やインテリアグッズが少ない……と自らデザインし、オンライン販売する会社を立ち上げた川田さんご夫妻。

「多色使いのファンシーなものが目立っていたペットアイテム。もっとシンプルで好みの色や素材のもので作りたかったんです」。

ウェブデザイナーという本業のほかに、ペットアイテム販売会社「フリーステッチ」を立ち上げ、ペットとの生活に生かしているそう。

「犬と暮らし始めて、我が家のインテリアに馴染まないものを置くことに抵抗がある、と気づきました。そこで、気に入ったものが見つからないなら作ってしまえばよい、と思い立ったのがきっかけに。色や素材にこだわりがあり、白、オフホワイト、オイル仕上げのライトブラウンが中心。

床にはこだわったウッドカラーの無垢材を使用。足腰のあまり強くないチワワに負担の少ない素材です。無垢材をコーティングすることで水を弾き、掃除も簡単。一般的なフローリングだとワックスを塗らないと撥水しないところ、コーティングしてあるので普段の手入れもラクなのが嬉しい。消臭や適度な湿度を保つ珪藻土など、犬のためにこだわった素材から家作りを始めました」。

 

 

■インテリアに統一感を出すには……

KD_アタリ_9398313
色の幅が広いブラウンのものこそ、ひとつひとつ吟味します
「フリーステッチ」で販売している犬用リード。「使い込むごとに味が出る色が気に入っています。インテリアの色と共通しているので、どこに置いてあっても馴染みます。小物に至るまで色で統一感を持たせています」。

 

KD_アタリ_9398238
インテリアは基本アイテムは変更せずにプラスしていきます
奥のキャビネットは学生時代に購入。当時、目黒通り沿いにあった「アクメ」でご主人が手に入れたそう。5、6回は転居しているもののお気に入りのため、手放すことはなかったそう。それに合わせて手前のキャビネットもas.craftにて、オーダーメイドで作ってもらいました。

 

KD_アタリ_9398289
留守中でも安全なように階段には柵を設けています
愛犬たちが階段から転げ落ちてしまうのを防ぐため、柵を設置。柵の色もインテリアと統一感をもたせたいので、クリアな白を選択。「シンプルな色にしたくて、白、黒をうちの会社でデザイン・作製しました」。

 

前回の記事はこちら

 

撮影/吉澤健太 取材・文/金沢由紀子

 

NEW ENTRY

  • スクリーンショット 2020-09-22 10.39.39

    2020.09.22

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑪BUND・・・

  • スクリーンショット 2020-09-15 13.01.53

    2020.09.15

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑩KASH・・・

  • MTC_2038 のコピー

    2020.09.15

    【HERS GREEN LABEL】オンラインでの仕事や飲み・・・

  • スクリーンショット 2020-09-09 14.02.07

    2020.09.12

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑨PULL・・・

  • 櫻井ばいちゃ研究所

    2020.09.08

    【LIFE STYLE】東京の中の「心地よい場所」⑧櫻井焙茶・・・

  • 20_8_5_her2494 のコピー 2

    2020.09.08

    【HERS GREEN LABEL】晩夏〜秋に向けて、 温度・・・