今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

〝隠すためだけの服は選ばない〟近藤サトさんの、今を肯定してくれる服

Update : 2019.08.16
keyword:

それなりの年齢を重ねた今、またオシャレが楽しいという人が増えています。

自分の顔、体に合うものも、流行も理解した上で、経験値をもった大人が選ぶ服。

そんな素敵な選択肢の数々がここにあります。

前回(草刈民代さん)の記事はこちら

 

今回は近藤サトさんの「わたしの今を肯定してくれる服」を、HERS9月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

 

 

■近藤サトさん(51歳)

 

~経験は十分。服ではなく、私を見てもらって大丈夫です~

 

0552600
PONCHO/ヴァレンティノ SHIRT/ヴァレンティノ BOTTOMS/ヤコブ コーエン SHOES/シャネル

 

20代、30代はお恥ずかしいですけど、とにかくブランド品をよく身につけていましたね。

経験もなければ自信もないから、いいものを持って着飾ることで、自分の価値をどうにか高めようとしていたんでしょうね。

若い頃は何も気にせず着こなせてしまうものが多いけれど、裏を返せば服に〝着られていた〟気がしています。

40代半ばを過ぎ、顔や体型にも衰えを感じ、白髪も増えて……。ネガティブになろうと思えば、いくらでもなれた時期。

でも、仕事を頑張った、子育てを頑張った。

せっかくゆとりができてきた今、自分自身を楽しまなくてどうするって思ったんです。

白髪染めをやめてグレイヘアにしたのも、そんな理由。

 

~中略~

 

経験値を積んだ私たち世代は、もっと自信を持つべき。

ファッションにおいても、服ではなく私を見てもらって大丈夫!という心意気が大切だと思っています。

隠すためだけの服は選びません。

今日選んだレースのポンチョは気になる腰回りは隠しつつ、着こなす喜びも味わえる。

いつも服を選ぶときは〝着てやろう!〟という気持ちでいます(笑)。

 

 

こんどうさと

1968年生まれ。元フジテレビアナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ナレーターとして活躍。2004年に男児を出産、1児の母。40代で披露したグレイヘアは男女問わず称賛される。近著に『グレイヘアと生きる』(SBクリエイティブ)。

 

前回(草刈民代さん)の記事はこちら

撮影/岡部太郎 ヘア&メーク/若宮祐子<特攻隊> 取材・文/櫻井裕美 構成/山田麻琴

NEW ENTRY

  • KD_003

    2020.10.17

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑦瀬戸口しおりさん・・・

  • 赤坂 Praris40 2

    2020.10.15

    【東京アートパトロール】ようこそ!お菓子の国へ —日本とフラ・・・

  • KD_022

    2020.10.13

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑥枝元なほみさんの・・・

  • I2mg101346

    2020.10.12

    民藝の器や道具を使ってみませんか? 福田里香さんセレクトの器・・・

  • KD_IMG_4144

    2020.10.10

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜⑤しらいのりこさん・・・

  • KD_026

    2020.10.09

    【レシピ】気がつくと頼っている、私的常備菜④枝元なほみさんの・・・