今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

夏も黒ワンピースに頼りたいなら知っておくべきこと

Update : 2019.05.15
keyword:

なんとなく安心で無難に思っていた黒ワンピースも年齢とともに、そうはいかなくなってきました。#地味にならない #喪服にならない 黒ワンピースの選びと着こなしをご紹介します。

1.最近感じ始めた”黒が難しい”を克服する

※THE 喪服になってしまいがち
ガツンと存在感のあるシルバーバングルがクールで涼しげ_DSC0659
<写真>普段着の黒ワンピースは、とにかく真面目に着ないのが、オシャレに見えるコツです。夏はひんやりとした印象のシルバーアクセサリーがオススメ。バングル、リングと盛り盛りに。リネンワンピース¥33,000(33チャペル レーン×デミルクス ビームス/ビームス ハウス丸の内)ピアス¥26,000 リング(右手)¥38,000 (左手)¥28,000 バングル(左)¥60,000(すべてブランイリス/エストネーション 六本木ヒルズ店)バッグ¥52,000(セスタ コレクティブ/エイチ  ビューティ&ユース)

 

 

※顔まわりがくすんで見える
デコルテを潔く出すことで、顔まわりをクリーンに見せる_DSC0215
写真>黒を着た時に顔がなんとなく冴えないと感じたら、詰まった首元より、デコルテに抜け感のあるほうが印象を明るく見せられます。大人気マーレットのティアードワンピースは、丈が長めのタイプが登場。大人が着やすくなりました。 ワンピース¥48,000(マーレット/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ハット¥26,000 (ジャネッサレオネ/デ・プレ)ブレスレット¥55,000(グーセンス パリ/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店)バッグ¥13,000 (MARCO MASI/ロペ マドモアゼル)サンダル¥10,000(ティーキーズ/RHC ロンハーマン)

※魔女っぽくなってしまう
ゆったりシルエットはベルト1本で簡単に細見えできる
_DSC0245_2
写真>ワンピース¥24,000 (ハイク/ボウルズ)ベルト¥3,694(ザラ/ザラ・ジャパン)サングラス¥35,000(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥11,000 (フィリップ オーディベール/ユナイテッドアローズ アトレ 恵比寿 ウィメンズストア) ショルダーバッグ¥49,000(ア ヴァケーション/アマン)サンダル¥106,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

 

 

2.キーワード、”カットソー素材”
夏、カットソーワンピースはいいことばかり。肌触りがよく、洗えて、大抵ラクなシルエットだから、一度着たら手放せなくなるアイテムです。ただ、ともすると部屋着っぽくなってしまうところが心配です。だからこそ頼るべきは黒。きれいめキープで、カットソーワンピースでもお出かけを可能にしてくれます。

夏小物で盛ってもカットソー素材ならカジュアルが保たれる
_DSC1524
<写真>薄手のカットソーが二重になっているので、涼し気な雰囲気でも透ける心配がありません。ドラマティックなストローハットをかぶっても、ナチュラルなのは、カットソーだから。ワンピース¥49,000 (アデル クチュリエ/エディット アンド コー)ハット¥36,000(クライド/デ・プレ)ブレスレット¥165,000 リング¥119,000 (ともにティファニー/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ¥23,000(VOLKER LANG/THIRD MAGAZINE)

 

 

3.黒ワンピースに強い、2大ブランドに頼る!

~BLAMINK~ブラミンク
上質な素材で作り上げる、高感度な大人のための服を発信し続けるブラミンク。中でも黒ワンピースの存在感は別格です。他では出会えない特別な黒が、日常のトレスアップ」を可能にしてくれます。

ドラマティックな後ろリボンは大人の可愛さが満点
_DSC1031
<写真>前から見るとシンプルなシルエットなのに、後ろが華やかな技ありワンピース。すっきりとしたヘアスタイルで着こなしたい。 ワンピース¥180,000 (ブラミンク)ピアス¥14,000(ポーノ/デ・プレ)バッグ¥117,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サンダル¥44,000(ネブローニ/フラッパーズ)

 

~ebure~エブール
「さらに人生を楽しむという気持ちを掻き立てる服」「女性に生まれて良かったと思える服」というコンセプトは、HERS世代にこそ響きます。心地よさと女らしさが見事に両立した”今着たい”黒ワンピースが見つかります。

リネンの清涼感が大人の夏を演出するタイムレスな黒
_DSC0914
<写真>深めのVネックが抜け感プラス。 ワンピース¥68,000 (ebure)カーディガン¥49,000(ドゥロワー/ドゥロワー 丸の内店)スカーフ¥16,000(トレ/トゥモローランド)ピアス¥18,500(アビステ)リング¥10,000(ソコ/ユナイテッドアローズ 原宿本店)バッグ¥20,000(マロウ/エストネーション)シューズ¥118,000(ジルサンダー/アクアガール渋谷)

 

4.今年らしい型を覚える”小衿の開衿シャツ”
シャツワンピースというと、仕事にも着られるきちんと感が魅力ですが、HERS世代が真面目に着ると、少し地味になるという落とし穴も。今年らしいボウリングシャツのムードが入った小衿の開衿なら、一味違います。少しラフな雰囲気が加わって、デイリーに着やすくなります。

クラシカルで今どき。奇をてらわないシックな女らしさが魅力
_DSC1660
<写真>後ろ中央にギャザーが寄せてあるから、ほんのりウエストがシェイプされている美シルエット。 ワンピース¥77,000 (ドゥロワー/ドゥロワー 丸の内店)手に持ったジャケット¥34,000(ティッカ/アダム エ ロペ)ピアス¥37,500 バングル¥152,000 リング[SIL]¥26,500 リング[RG]¥159,000(すべてティファニー/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ¥54,000(マンサー・ガブリエル/イーストランド)サンダル¥44,000(ネブローニ/フラッパーズ)


撮影/渡辺謙太郎<MOUSTACHE>(人物)、魚地武大<TENT>(静物) モデル/松田珠希 ヘア/左右田実樹  メーク/小森由貴 スタイリング/池田敬 取材・文/西尾慶子 構成/松本朋子

※掲載中の情報は、2019年6月号掲載時のものです。

 

NEW ENTRY

  • アイキャッチPARK HYATT KYOTO_0175

    2019.11.20

    特別な観光体験ができる、大人のための京都のホテル

  • ic

    2019.11.12

    星のや京都はその日を飽きさせないプログラムの宝庫

  • アイキャッチ_DSC8657_f

    2019.11.11

    料理家・真藤舞衣子さんに聞いた、〝調味料に頼る〟○○するだけ・・・

  • アイキャッチ_DSC8582_f

    2019.11.08

    料理家・真藤舞衣子さんが選ぶ、「5つの楽する調味料」

  • アイキャッチ19_9_13_he1644

    2019.11.01

    「買う」のその先の価値を考える、HERS的「伊勢丹の歩き方」

  • アイキャッチ_DSC 1140

    2019.10.29

    ディレクター祐宗摩稚子さんに聞いた、私的「伊勢丹新宿店のおさ・・・