今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

「オシャレなニットを手に入れた」その先が知りたい vol.2

Update : 2018.11.29
keyword:

今年は、ざっくりカーディガンをよく見かけるけど……
野暮ったく見せないためのその先は?

ざっくりカーディガンは、ほっこり古臭くなってしまうという懸念も。ここは、大胆にデコルテを見せて、ぐんと女っぽさをUPして。さらに、ツヤ感のあるインナー合わせだと潤いさえも加わります。「女っぽい」のバランスを整えるアイテムとして使いたい!

その先2 色を着たかったらくすみ色で可愛らしさを軽減させて。さらにジュエリー使いで抜かりなく!

KD_PH_0318
<写真>ほんのりハンサムさを生み出すジャケット風「衿付き」も、ほっこりさせない理由のひとつ。カーディガン¥79,000<デミリー>キャミソール¥12,000<エキップモン>(ともにサザビーリーグ)デニムパンツ¥23,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥59,000(ダニエル&ボブ/八木通商)サンダル¥38,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川高島屋S・C店)ネックレス¥25,000 右耳ピアス¥15,000  左耳ピアス¥18,000 ブレスレット¥15,000 リング¥47,000(すべてMARIA BLACK/ショールーム セッション)

 

KD_0006
<写真>左から/くすみがかったブルーが大人っぽい。肩を落としてゆるっと羽織って。カーディガン¥26,000(RHC/RHC ロンハーマン)ベーシックカラーだから着こなしやすい。グレーカーディガン¥38,000(ADAWAS/ショールーム セッション)ユニセックスなカウチンタイプを女っぽく着るのが絶妙バランス。アイボリーカーディガン¥47,000(ビズビー/ウィムガゼット 玉川高島屋S・C店)

 

 

撮影/渡辺謙太郎<MOUSTACHE>(人物)、佐藤彩(静物) モデル/高橋里奈 スタイリング/大野千歩 ヘア/EIJI KADOTA<SIGNO> メーク/佐々木貞江 取材・文/金沢由紀子 構成/松本朋子

※掲載中の情報は、2018年12月号掲載時のものです。

「オシャレなニットを手に入れた」その先が知りたい vol.1はこちら

NEW ENTRY

  • アイキャッチher 48

    2019.06.19

    夏疲れを一蹴するベストコスメ vol.2

  • sum_0513-21

    2019.06.17

    今日の予定に似合う服

  • samnail-her-168-400x574

    2019.06.14

    夏疲れを一蹴するベストコスメ vol.1

  • KD_MG_0260

    2019.05.31

    大草直子さん 読むスタイリング -洗濯と靴のお手入れ-vol・・・

  • KD_MG_0081

    2019.05.27

    大草直子さん 読むスタイリング -洗濯と靴のお手入れ-vol・・・

  • KD_MG_0171

    2019.05.21

    大草直子さん 読むスタイリング -洗濯と靴のお手入れ-vol・・・