HERS à table

HERS的気になる器作家さんたち ⑯佐藤もも子さん

Update : 2022.02.11
keyword:

佐藤もも子さん

大阪生まれ、福岡育ち。九州大学芸術工学部工業設計学科を経て、有田窯業大学校を卒業。2013年には、唐津の岡 晋吾氏に師事。2015年、福岡県那珂川市で独立。磁器土を使いながらも陶器のような柔らかさを携え、一筆一筆丁寧に絵付けをしている。目指すのは、「日常の生活に寄り添う、誰かの暮らしをちょっぴり幸せにできるようなうつわ」。

 

染付花卉文蕎麦猪口

青瓷染付天竺牡丹文八角カップ

絵付けのある器というとハレの食卓を連想するけれど、佐藤もも子さんの絵は、仰々しくないどころか、ふんわりとやさしいので、蕎麦猪口やカップなど心和むお茶時間に使えるものから始めてみたい。

染付花卉文蕎麦猪口

直径約7.5×高さ6.3㎝/容量:約110
素材:磁器
¥2,640
オーブン使用不可
(電子レンジ、食洗機はお使いいただけます)

青瓷染付天竺牡丹文八角カップ

直径約高さ8.2㎝ 170
素材:磁器
¥4,950
※オーブン使用不可
(電子レンジ、食洗機はお使いいただけます)

 

 

ECサイト「HERS à table 」はこちらから

 

バックナンバー

mushimegane books.

尾形アツシさん

富貴堂

境知子さん

遠藤岳さん

石渡磨美さん

竹下努さん

児玉修治さん

林沙也加さん

竹口要さん

我戸幹男商店

秋谷茂郎さん

櫻井美奈子さん

大谷哲也さん

笠原良子さん

NEW ENTRY

  • 2022.11.21

    11/25正午より、ワタナベマキさん×伊藤環さんとのコラボア・・・

  • 2022.11.01

    【HERS à table】「『秋のひとり時間』展」スタート・・・

  • 2022.10.25

    HERS秋号掲載「『秋のひとり時間』展」は11月1日スタート

  • 2022.10.22

    「O2」大津光太郎さんの蒸すから自由でおいしい家中華④

  • 2022.10.15

    「O2」大津光太郎さんの蒸すから自由でおいしい家中華③

  • 2022.10.12

    HERS編集部の迎賓館!? のレシピを心ゆくまで