Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

イタリアvs.フランス あのオシャレな自動車メーカーが初のSUVを発表!

Update : 2018.08.10
keyword:

自動車業界ではSUVが大人気です。

クルマ好きの方には今さらかもしれませんが、このSUV(Sports Utility Vehicle)というカテゴリーは訳すと「スポーツ用多目的車」。
ですが、明確な定義はありません。
まあ、私たち女性なりになんとなく解釈するならば、かつてのセダンやクーペより車高が高くてコロッとした今っぽい車体デザインのクルマ、といったところでしょうか。
代表的な車種といえば、トヨタのハリアー、スバルのフォレスター、ポルシェのカイエンなどが挙げられます。そして、この7月に、イタリアとフランスのクルマの名ブランド2社が、相次いで初のSUVを発表しました。

まずは、アルファ ロメオ。
スパイダーという車種が、ダスティン・ホフマンの『卒業』をはじめ、昔のオシャレな映画にはよく出ていたイタリアのブランドですが、今は同じくイタリアのフィアットの傘下にあり、日本ではFCAジャパンという会社が手がけています。

そのアルファ ロメオが、初のSUVとして7月21日にAlfa Romeo Stelvio First Edition(アルファロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディション)を発売(限定400台)。

①
軽井沢マリオットホテルで行われた試乗会に参加してきました。

②
FCAジャパンのマーケティング本部長、ティツィアナ・アランプレセさんからのご挨拶。自由奔放な色使いのファッションは、さすがイタリアンマダム!

③
試乗会では浅間山付近までドライブしましたが、踏み込んだ時の加速の良さやカーブのときの吸いつく感じは運転していて気持ちがよかった!

④
そして、気になるのが室内のデザイン。
落ち着きがありながらも、エアコンの送風口やスイッチなど、ところどころに円形を生かしたところが可愛い印象。

ちなみに、試乗会時のランチは軽井沢マリオットホテルのレストラン「Grill & Dining G」でいただきました。
⑤⑥
熟成肉や地元の契約農家から届く新鮮な野菜を使ってシェフがオープンキッチンで腕を振るいます。この日はサーモンのマリネ、ポークの塩麴と信州みその漬け込み焼き、信州野菜の温野菜添えのワンプレート。
⑦
お土産には、ツルヤ軽井沢店で「りんごバター」を購入!

一方、フランスのラグジュアリーカーとして、日本でもグングンと人気が伸びているブランドがDSオートモビルです。
プジョー・シトロエン・ジャポンによるDSオートモビル初のフラッグシップSUV、DS 7 CROSSBACKのお披露目会が、7月17日にパレスホテル東京で行われました。
⑧
ドイツ車やイタリア車に比べると、日本ではフランス車の印象が弱いかもしれません。ですが、プジョー、シトロエン、ルノーといったフランス車の日本での売り上げは昨年あたりから急速に伸びています。そんなフランス車の中でも、おそらく今いちばんオシャレなブランドが、このDSです。昨年は、私たちにとってお馴染みのファッションアイコン、イネス・ド・ラ・フレサンジュとコラボしたクルマもリリースしました。

そのDSからの待望のSUVがこのDS 7 CROSSBACK。
⑨
インテリアのバリエーションは3つありますが、いずれにせよ大人っぽいモダンな雰囲気が魅力です。それでいて、ダッシュボード中央部の空気口のところにはフランス・B.R.M社のアナログ時計を構えるなど、デジタル化の時代にフランスならではのエスプリが利いています。オールデジタルとは一線を画した特別感を感じます。
⑩-1
会場の一角には、往年の名車も展示されていました。
⑪-1
この名車は、70年代に、当時のシトロエンから発表されたモデル、DS 23 IE Pallas。
近未来的なこのデザイン。今でも全く古さを感じさせませんよね?

SUVは大きいようでいて、実は運転しやすい――という話をよく聞きます。いい意味で「上から目線」になって視界がいいので、ハンドル操作がスムースにできるのかもしれません。そこにイタリアとフランスからこの2台が加わったことで、ますますスタイリッシュな視点でSUV選びができるようになりました。

Alfa Romeo Stelvio First EditionとDS 7 CROSSBACK。
ここでは、紹介しきれませんでしたが、もちろんデザイン性だけでなく、ともにさまざまな最新機能を備えています。女性でもスマートに運転できるクルマです。

●Alfa Romeo Stelvio First Edition
4690×1905×1680㎜ 1995㏄ 直列4気筒 マルチエア 16バルブ
インタークーラー付ツインスクロールターボ、電子制御式8速オートマチック
4輪駆動 右ハンドル 5人乗り
燃費:11.8㎞/ℓ(JC08モード、国土交通省審査値)
税込\6,890,000
Alfa Contact 0120-779-159

●DS 7 CROSSBACK
4590×1895×1635㎜ 1997㏄ ターボチャージャー付きディーゼル直列4気筒DOHC 右ハンドル 5人乗り
燃費:16.4㎞/ℓ(ディーゼル、JC08モード、国土交通省審査値)
税込\4,690,000~
DSコール 0120-92-6813

撮影・取材/藤波とも子(アルファ ロメオ)、川原田朝雄(DS) 構成/川原田朝雄

NEW ENTRY

  • スクリーンショット 2018-12-10 17.25.01

    2018.12.13

    【食で見る旅】 vol.7  京都でいただく、ヘルシーフード・・・

  • 1E30A42E-0B9D-43B7-BE42-8A7F0CB3692D

    2018.12.12

    【早耳HERS!】vol.12 エルメスの春夏小物が気になる・・・

  • S__42016770

    2018.12.07

    師走の忙しい時期だからこそ!? 読みたいおすすめの一冊

  • B98C4B8A-2A16-475D-8B29-54859EF34764

    2018.12.04

    【早耳HERS!】vol.11 ー展示会で見つけてきた気にな・・・

  • S__34685203

    2018.11.27

    【早耳HERS!】vol.10 ー展示会で見つけてきた気にな・・・

  • S__34545677

    2018.11.22

    【早耳HERS!】vol.9ー展示会で見つけてきた気になる先・・・