連載&レコメンド

【お酒好き編集部の日本のワイン巡り③】 東京ワイナリー 国立ヤマブドウ2018

Update : 2020.08.27
keyword:

HERS編集部の編集メンバーは、皆お酒大好き。

自宅で過ごす時間が増えた今、各地のワインを飲んで好みの一本を見つけることが編集部のプチブームにもなっています。ということで、美味しかった日本のワイン(ときどき別のお酒)を勝手に紹介していこうとおもいます。

さて、今週の一本。

 東京ワイナリー 国立ヤマブドウ2018

S__21471465
せっかく、東京で暮らしているのだし、東京のワインを呑みたいなあ〜と思っていたら、大泉学園にある、東京初のワイン醸造施設「東京ワイナリー」の存在をライターTさんが教えてくれました。
ホームメイドワイナリーというのか、小さい規模ながらも、ていねいに作っている、その〝手作り〟感に惹かれるという話を聞いて興味津々。

ということでようやく見つけました。
この、「国立ヤマブドウ2018」は、名前の通り、東京の国立市にあるヤマブドウを使用。地産地消?都産地消? ただし、そんな物珍しさが理由で買うのだけではなく、ただただ味が美味しい一本なのだなあと。
というのも、こちら。飲み心地はジュース感もありつつ、酸味がたっていて。
そしてヤマブドウ特有なのか、口に含んだ際の、上品な野性味が、キリッとスッキリします。今の時季にぴったりでした。赤ではありますが、冷やして飲むほうがいいような……。

以前にも増して、〝ワイン〟とひと括りにしても味のバリエーションが広いなあと思う今日この頃ですが、そうした〝今〟を感じるのにうってつけの一本なのかもしれません。

聞くところ、ワイナリーに足を運べば、量り売りもしているとのこと。今度遊びに行ってみたいなとおもいます。

 

さて、日本のワイン探しは続きます……
前回の記事はこちら

 

 

NEW ENTRY

  • 20190603_0009

    2021.07.31

    【レシピ】野口真紀さんの夏じゅう使える常備薬味①ナンプラー×・・・

  • 21_6_28_he7184

    2021.07.27

    脱・夏のマンネリコーデに、アシンメトリーのトップスが一役

  • 4

    2021.07.25

    +デニムで、今っぽく仕上がる旬トップス4選

  • 21_6_28_he7180

    2021.07.22

    接触冷感で涼しく着られるフラップシャツ

  • 21_6_28_he7143

    2021.07.21

    Tシャツに合わせるだけでお洒落なボトムス4選

  • 21_6_28_he7133

    2021.07.19

    主役になる夏のプリーツスカート