Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

非日常だからこそ、の本選び

Update : 2020.05.19
keyword:

少しずつ東京でも、あたりまえの日常を取り戻せる日が近づいていることを
期待してしまう今日この頃。
長いSTAY HOME期間で、いつもより読書する時間が増えた人も多いのではと
出版社社員としては、願望を込めて予想しています。

書店では、アルベール・カミュの『ペスト』が売れているそうですね。

原因不明の疫病が伝染する不条理を描いたこの作品を
こんな想像もしなかった事態になってみて、
あたりまえの日常の中でなら、自分にとってはただのフィクションでしかなかった物語を
いま身近に起こっていることに重ねて読書できる貴重な機会ですから
読みたくなるのもうなずけます。(いま一度気持ちを引き締めながら……)

緊急事態宣言が出る直前の撮影現場では、小松左京原作の映画『復活の日』が話題に。

91OfYBFPjCL._RI_

このコロナ禍を彷彿とさせるからいま見るべきだ、という話を聞いて
観たい!! と思いながらも、やはり映像は記憶に
強く残り過ぎてしまいそうで怖いなあ……と
いまだ観る踏ん切りがつかないでいます。

amazonプライムで観られるので、本当に普通の日常が戻ってきた暁に、フィクションだと
安心して観たい、そんな気持ちになりつつあります。

そして、最近新たに話題になっていると耳にしたのが
中国・武漢の研究所から殺人ウイルスが持ち出されて……という内容の本が1990年代に
刊行されていたという話。

予言みたいで、気になる。

アメリカのベストセラー作家、ディーン・クーンツの『闇の眼』だそうです。

d21468-380-524220-0

そしてなんとこの本、弊社(光文社)の本でした。
在庫なしで絶版状態だったそうですが、このたび各方面からのリクエストに応えて復刊したとのこと。

クーンツということはおそらくホラー小説で、ホラー小説自体もうスティーブンキング以来、30年くらいは読んだ記憶がありませんが、大人になった今なら、また新しい発見と出合いになるかもしれない! と読むつもりでいます。ホラーならフィクションと割り切って怖がらずに読めそうなので笑。

19日現在、amazonなどではまだ買えないようですが、重版済のようなので店頭にお目見えする日も近いかもしれません。

『闇の眼』ではなく、HERSはこちらからもお買い求めいただけます。

編集NN

NEW ENTRY

  • インスタ用

    2020.09.26

    【東京アートパトロール】日本民藝館 アイヌの美しき手仕事美術・・・

  • IMG_8036 F

    2020.09.20

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす⑤特別な日

  • 194746_表1のみ

    2020.09.19

    【東京アートパトロール】FREESTYLE2020 大野智 ・・・

  • _L0A4981

    2020.09.19

    【HERS GREEN LABEL】おうち時間を充実させる〝・・・

  • 20_9_3_he0444 のコピー

    2020.09.19

    【HERS GREEN LABEL】端境期にマストな軽羽織3・・・

  • 20_9_3_he0456 のコピー

    2020.09.19

    【HERS GREEN LABEL】季節先取り! 秋冬素材オ・・・