連載&レコメンド

季節感知らずのビーチサンダル

Update : 2020.05.05
keyword:

東京で、いつもとまったく勝手の違う春を過ごしている間に
気が付いてみればもう5月。今日はまるで初夏のような暑さでしたね。
先日子どものクローゼットの服の衣替えをして以来、半袖で出かけたい! という子供たちを
まだ早いんじゃない? と窘めていたのですが
もう、すっかりもう半袖でちょうどいいくらいの気候が続いています。

家を出るときはとにかくウォーキング=歩数を稼ぐ、とばかりに
すっかりスニーカー一辺倒でしたが
靴下を履くのももうちょっとサボりたくなる、そんな陽気なので
もうサンダル出してしまおう! ということで出しました。

IMG_3171

 

サンダルどころか、もうビーチサンダルですが……
mikomoriのファーサンダルです。

右のブラウンは昨年買って大活躍でした。
ファーがついているおかげでしょうか、なんだかとにかく、季節感知らず? に履けるのです。
この時期ビーチサンダルって、ちょっと早いよなあという引け目を感じさせません。
ファーのボリュームで適度なリッチ感もあって、大人の街ビーサンにぴったり。
シックな色味も、コーデに合わせやすかった。
ということで、今年は左のベージュピンク?を買い足しています。

このサンダルの隠れた利点は、ペディキュアが緊急事態でも大丈夫なこと。
足の爪先までほぼ覆うファーのボリューム具合なので、ペディキュアはほぼ見えなくなり、
気が抜けない夏の足先ではありますが、あっしまった! という朝に、一つあると安心です。

あと、このフワフワ感が人のなにかに訴えるのか
子ども受けがとてもよく、幼稚園で子供の友達によく触られました笑。
園の玄関でママ友と立ち話していたら、いつの間にか
知らない女の子がしゃがみ込んでサワサワとファーを触っていたことも。

去年履き倒すつもりでヘビーに履きましたが、かなり丈夫でまだ今年も大活躍してくれそうです。

 

HERS最新号はこちらでお買い求めください。

 

編集NN

NEW ENTRY

  • 2022.07.18

    HERS×NORD CADRE コラボウェア「気楽に、気軽に・・・

  • 2022.07.12

    細川亜衣さん、いつもの食材を新たな視点で

  • 2022.07.12

    気分を遮らない、軽やかなインテリア

  • 2022.07.12

    HERS夏号特集【暮らしにもっと「軽さ」を】

  • 2022.07.12

    福田麻琴さんの「機能的=軽やか」なファッションアイテム

  • 2022.05.23

    HERS CLOSETに edit&co.のクロージングライ・・・