Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

東野圭吾さん担当編集者に聞く、本を楽しむためにしてること

Update : 2020.04.26
keyword:

こんにちは。
自宅に居る時間が増え、できないことも多く、悶々とする日々ですが
新たに生まれた時間もありました。
そのひとつが、読書の時間。
ここぞとばかりに本を読んでいます。
さて、そうは言っても書店にはなかなか足を運べず……。
電子書籍のありがたみを感じる日々なのですが、
ついに! なんと!
東野圭吾さんの作品が電子書籍化されたという、朗報が飛び込んできました。

私、個人の話なのですが、
ここ最近はノンフィクション系を読むことが多く……。
ですが、この東野さんのニュースを知り、一気に小説熱が加速!

さて、本の読み方に、正解も不正解もないとは思いますが、
せっかくならばこれを機に、より楽しめる読み方を知りたい! と思い……。
本を読むプロでもある文芸編集者(しかも東野圭吾さん担当!)の皆様に、
読書時間をもっと楽しむためのコツを聞いてみました。

 

本をもっと楽しむためにしてること

文藝春秋 東野さん担当者は、こうやって自分に合う本を見つけている!
まずは10冊乱読してみる。

「10冊乱読すれば、今、自分に必要な物語に出会う気がします。
人と会う機会が減っている今こそ、本と向き合いたいなと、思っています」

集英社 東野さん担当者は、小説をこう読む!
はじめチョロチョロ、なかパッパッパ

「引っかかっても振り向くな!――ご飯の炊き方じゃなく、これ我流の読書法。縄跳びで、回転する縄に飛び込むのにタイミングを取る感じ。馴染むまでゆっくり読んで、あとは高速暴走でラストまで。で、読み返すでしょ。作品のいいところ、きっと見つかります」

実業之日本社 東野さん担当者は、小説をこう読む!
一見関係のない描写も、記憶しておく。

「作品によりますが、一見関係なさそうな描写でも覚えておくこと。
それが伏線だったとき、より面白さが増していきます」

幻冬舎 東野さん担当者は、小説をこう読む!
小説は、一気読みを!

「小説はできる限り一気読みすること。楽しみにしていた本などは、本当はゆっくりと読みたいのですが、作品世界に没頭したいのと、時間が限られているので、子どもが寝静まってからの一人になった夜中、お風呂の中やリビングで 一気読みするようにしてます」

講談社 東野さん担当者は、小説をこう読む!
非日常を思いっきり味わう。

SNSもニュースも気になって仕方ない今だからこそ、日常のこまごましたことを忘れさせてくれる小説の世界に、あえて飛び込んで、非日常を思い切り味わいます。現実にちょっと疲れたとき、心のデトックス効果ありますよ

KADOKAWA 東野さん担当者は、小説をこう読む!
感情に素直になる。

「『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のように感動する小説を読むときは、自宅にこもって、まずティッシュを用意!」

光文社 東野さん担当者は、お気に入りの小説をこう見つける!
新刊、話題よりも、まずはいまの気分に合わせて本を選ぶ。

「本を選ぶ基準は、正直〝ビビッときた〟、それだけで良いと思っています。カバーデザインが素敵だった、タイトルに惹かれた、あらすじに興味が沸いた……など。まずは自分の感性をチェックする気持ちで、本を探してみています。家に本を持ち帰ったあとは、なんとなく積読書をイメージごとに分けて置いていますね。〝泣けそう〟〝ドキドキしそう〟〝ゾクっとしそう〟とか。そうして、どれかの気分にあてはまったときに本を開いてみたら、いい読書ができる気がしています」

 

東野作品、私はこう読んだ!

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
「それぞれに悩みを抱えながらも、誠実に、正直に生きる人々の姿に心洗われます。なにかと余裕のない今こそ読みたい、温かな物語です」(KADOKAWA 東野さん担当編集)

『プラチナデータ』
「人が殺されたり、トリックがあったり。ミステリっていろんなイメージがあると思いますが、『プラチナデータ』でも他の東野作品でも共通して言えることは、〝人の心がいちばんのミステリ〟ということ。愛も嫉妬も悲しみも怒りも。人の心がいちばんの謎で、私たちはその謎を解きたくて小説を読んでいるのだなぁと、実感します」(幻冬舎 東野さん担当編集)

『流星の絆』
「子どもの頃に両親を殺され、支え合って生きてきた三兄妹。読みどころはまさに三人の絆。恋する妹を思いやる兄、兄との約束を守りたい妹、どちらの気持ちも痛いほど伝わってきてストーリーから目が離せませんでした。ラストは号泣。読み終えて本を閉じ、タイトルの意味を思うとさらに涙がこみあげます」(講談社 東野さん担当編集)

『ダイイング・アイ』
「もしも自分が記憶喪失になったら、なんて妄想、したことありませんか? 『ダイイング・アイ』はまさに主人公・雨村が失った自分の記憶を追い求めるストーリーでもあります。脳内に何かが欠けている中、〝誰を信用するのかしないのか〟そんなスリリングな駆け引きが繰り返されていきます。登場人物たちの欲深さには、思い当たる節もあるはず。雨村の言動に〝私もこうしちゃうな〟〝私ならああするのに〟と自分を重ね合わせるのも楽しいですよ」(光文社 東野さん担当編集)

『疾風ロンド』
「あまり上手くいっていない栗林、高野親子ですが、細菌兵器の隠されたスキー場で過ごした時間、出会った人々の影響で、本当の気持ちをぶつけあうことができ、絆を取り戻していきます。普段では難しいことですが、とても大切なことだと気づかせていただきました」(実業之日本社 東野さん担当編集)

『白夜行』
「トイレットペーパー買うのに行列!? 昨今と変わらない日常が描かれ、オイルショックの年から始まる物語です。ノワールの傑作だと嫉妬した方、昭和から平成へのクロニクルと言う人、ミステリー・ガジェットの玉手箱に喩える人もいて、『白夜行』は一言で言い表せない。でも一つ確かなのは、やっぱり東野さんは伏線の魔術師だ! ってことでしょうか。ああ、ここが『マスカレード・ホテル』に、この切なすぎる純愛小説の要素が『容疑者Xの献身』に繋がっているなぁ。後の作品への種のような、言わば伏線までちりばめられています」

『容疑者Xの献身』
「多くの人は、〝これだけ愛したのだから、愛を返してほしい〟と考えるのではないでしょうか。ところが、今作の犯人である天才数学者・石神は、〝愛する人に幸せになってほしい〟ということだけを願う〝無償の愛〟を貫きます。〝心から愛せる人に出会えたことで、すでに幸せなのだ〟と、東野さんに教えられました」(文藝春秋 東野さん担当編集)

 

東野さんの電子書籍は、最初で最後かも!? と言われているとか。
皆さんから聞いた〝本を楽しむためのコツ〟を
それぞれ試してみるのにも良い機会かもしれません。

東野圭吾さんの作品で電子書籍化しているのは、以下7作品

KADOKAWA 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
ナミヤ雑貨店の奇蹟

 
幻冬舎『プラチナデータ』
5170RewaS4L._SY346_
講談社『流星の絆』
9784062769204_w[1]

光文社『ダイイング・アイ』
412fY+JNqmL._SY346_

実業之日本社『疾風ロンド』
51yh75+dfxL._SY346_

集英社『白夜行』
『白夜行」書影

文藝春秋『容疑者Xの献身』
容疑者Xの献身

※主要電子書店にて配信しています。
公式インスタグラムはこちら

 

 

 

 

NEW ENTRY

  • IMG_20201012_172401 インスタ用

    2020.10.18

    【LIFE STYLE】パリ近郊 花とともに暮らす⑨自然の満・・・

  • 95a69cd8138c38e0ca10d75760ba64981-400x600

    2020.10.16

    【HERS GREEN LABEL】今すぐ着られて、1枚でサ・・・

  • 20_9_30_he0017 のコピー

    2020.10.16

    【HERS GREEN LABEL】気分を上げるミニバッグ

  • IMG_4089

    2020.10.16

    【HERS GREEN LABEL】羽織るだけで決まる、秋ア・・・

  • 200829_0387 のコピー

    2020.10.14

    【HERS à table】魚を使ったパーティの〆レシピ

  • unnamed (1)

    2020.10.14

    【まいにち乾麺生活】⑨布乃利 へぎそば