Editor's Baton

HERSの編集部員やライターによる活動日誌。
撮影裏話や展示会、ニューショップ情報などもお届けします!

夏の始まり。COOK JAPAN PROJECTで、やり過ごしてみた

Update : 2019.07.31
keyword:

もうすっかり夏ですね。

そんな暑い時季にぴったりのHERS 8月号「長い夏をやり過ごす」
読んでいただけましたか?

特集とは直接関係ないのですが、
縁あって、日本橋で開催中の「COOK JAPAN PROJECT」に
編集Kがお邪魔してきました。

IMG_4144

簡単に言うと、世界のスターシェフによる“限定”レストラン。
星付きレストランなどを背負って立つ予約困難なトップシェフたちが、
日本の素材をふんだんに使い、数日だけの唯一無二な料理を提供します。

お邪魔した日は、11人目のシェフ、ルンギワ・チュモンコンさん。
タイ・バンコクの5つ星ホテル「ウォルドーフ・アストリア・バンコク」のレストラン、
フロントルームの総料理長。
北欧の星付きレストランで研鑽を積んだ女性シェフです。

さっそくお料理を……
アミューズは、

IMG_4146

北海道産イクラととびっこ、乳化させたブロッコリーのクルスタード

IMG_4147

さつまいものチップス 山梨県産王林 ピーナッツクリーム


オイスターと発酵させた桑の実

特にさつまいものチップスが秀逸。
紫色のくるりと固めてあるのがチップスなのですが、
くるまれたリンゴとクリームとの組み合わせが絶妙……

続いて

IMG_4150

焦がしミルク 北海道産ホタテ ハーブエマルジョン スパイス

ん?焦がしミルク?
と思ったのですが、実は下に敷いてある、せんべい状のものがそれ。
かりっとしているわけではなく、やわらかいタコスの皮みたいでした。
これが意外な食感でやみつきです。

IMG_4151

士別産仔羊のタルタル タイ北部のスパイス 紫大根のピクルス

IMG_4152

珠洲産スズキ ココナッツ ブロッコリー タイカレーソース

この2品にはノックアウトされました。

そもそも羊のタルタルなんて食べたことがなく、癖がありそうと腰が引けていたのですが、
食べてみると何の臭みも感じず、
むしろ牛より食べやすいかも!?

スズキにかかったソースが、この日のナンバーワンヒット!
確かにカレーの風味なのですが、ここにもとびっこを混ぜたあったり、
スズキの味を引き立てる工夫を凝らされたひと皿でした。
このように、シェフが自国の食材などを合わせることもあるようです。

福岡県産白イカ 冬瓜のスープ ガーリックオイル

細かい仕事を施されたイカには思わず、「おかわり!」と言いたくなりました。

次はいよいよメインディッシュ!

次回へ続きます。

NEW ENTRY

  • _ENT2430

    2021.01.18

    ひと皿の向こう側/デンクシフロリ 後篇

  • ishioka01

    2021.01.15

    【東京アートパトロール】石岡瑛子 グラフィックデザインはサバ・・・

  • A7301607

    2021.01.07

    平松洋子さんが考える、コロナ禍の「地元の食と私」

  • unnamed

    2020.12.28

    【LIFESTYLE】料理家 こてらみやの「ベランダと暮らす・・・

  • 4184118-2

    2020.12.25

    【HERS GREEN LABEL】大吉日・1/16までに開・・・

  • _A8A0035

    2020.12.18

    【INTERIOR】“暮らし”を見に行く、買いに行く④