今月号の注目ページを大公開!

Recommend!

キッチンをもっと快適な「私の居場所」 に Vol.1

Update : 2018.01.19
keyword:

広くて立派なリビングダイニング。結婚したころ、いや、結婚していない人にとっても昔はそれが憧れでした。でも50年も生きてみると、家に求めることはだいぶ変わってきました。実はいちばん使う場所がキッチンだし、スペースは限られていてもなんか落ち着くスペース。そう、キッチンをもっと有効に活用できるはずです。

AKI_0436-3
《写真》小堀邸 ダイニングの一部をキッチンに取り入れたようなオリジナルなレイアウト。
ダイニングの一角に、作業台を置いたキッチンスペース。賃貸マンションを、置き家具と壁紙で大人のワンダーランドに。左のオープン棚は「IKEA」のブラケットに木の棚板を載せたもの。チェストはデンマークのデザイナー、ハンスJ.ウェグナーのヴィンテージ。愛犬のモアナくんと。

 

 

※こちらは、「HERS」2月号の誌面掲載の記事になります。

撮影/福知彰子 取材・文/加藤登紀子 構成/川原田朝雄

NEW ENTRY

  • _DSC1679

    2018.08.18

    この秋、私たちが着る理由のある「色と柄」vol.5

  • _DSC0156

    2018.08.16

    この秋、私たちが着る理由のある「色と柄」vol.4

  • _DSC1084

    2018.08.15

    この秋、私たちが着る理由のある「色と柄」vol.3

  • _DSC0360

    2018.08.12

    この秋、私たちが着る理由のある「色と柄」vol.2

  • _DSC1244

    2018.08.10

    この秋、私たちが着る理由のある「色と柄」vol.1

  • DSC_3710

    2018.07.31

    好きなように「整理整頓」すればいい vol.4